1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

関ジャニ∞安田章大が発表した“今年の漢字”に渋谷すばる「天才!」 メンバー一同拍手<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦・関ジャニ∞/モデルプレス=12月29日】関ジャニ∞が29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行い、報道陣の取材に応じた。

関ジャニ∞安田章大が発表した“今年の漢字”に渋谷すばる「天才!」 メンバー一同拍手<紅白リハ1日目>

今年もドラマ・映画・舞台・バラエティと多岐にわたって活躍したことはもちろん、5月に東京・新木場の若洲公園で行われた「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017」(通称:メトロック)にて野外フェスに初参戦し、大きな反響を呼んだ関ジャニ∞。

渋谷すばるは「初体験がみんなでできたことが大きかった。ありがたいことに、自分たちが思っている以上に知ってくださっているんだなぁと嬉しかったです。東京ドームでライブをやるときも年々男性の声が増えて嬉しい」と男性ファンも増加してきていることを肌で感じている様子。

それを踏まえた上で、安田章大が関ジャニ∞にとっての今年の漢字を「初」と発表。「(デビューから)13年経った今でも、まだまだ初めてのことが山ほど残っているのと、2018年になっても初めてのことをやりたいな、という意味を込めて、初にします!」と語ると、渋谷は「天才!」と大絶賛。続けて丸山隆平も「素敵です」、村上信五も「今年一番いい仕事しました」と称え、メンバー一同拍手で締めくくった。

◆関ジャニ∞、6年連続紅白出場


関ジャニ∞は今年で6回目の出場。今年は、横山裕が主演を務めた映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の主題歌「なぐりガキBEAT」を、NHKホールをかけめぐりながら歌唱する。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)