星野源“恋ダンス”ブーム「まだ続いている感じ」 “2017年の目標”は達成できず?<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦・星野源/モデルプレス=12月29日】星野源が29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行い、報道陣の取材に応じた。

【フォトギャラリー】星野源、紅白リハの様子を見る

◆星野源“恋ダンス”ブームは「まだ続いている感じ」


3度目の出演となる星野は、紅白本番「Family Song」を歌唱。NHKホールは「ものすごく歌いやすくて気持ちいい。リハーサルまでは緊張せず」と音合わせの感想を語り、同局「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」で共演しており、今年総合司会を務めるウッチャンナンチャン・内村光良について「緊張されているという話を聞いて、僕も内村さんと一緒に緊張している感じがします(笑)」とエピソードを披露した。

また、昨年はTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌「恋」の“恋ダンス”がドラマとともに一大ブームを巻き起こしたが、「(ブームは)まだ続いている感じ。学校の横を通ったら、『恋』を踊っているのを見たり。嬉しいですね」と“逃げ恥”効果を今年も実感している様子。そんな2017年を「目標は『無理をしない』だったんですけど、無理をしてしまって(苦笑)。でも、無理をした分、仕事がすごく楽しかったです」と振り返り、2018年の目標は「遊びたい。仕事もプライベートも色んな景色を見てみたい」と明かした。

さらに、“今年の漢字”を聞かれると「それ難しいやつ〜」と悩みながらも「国」と回答。「(ツアーで)全国回れたっていうのもそうですし、『恋』とか紅白とか『真田丸』とか、全国の皆さんに知っていただいてからの活動だったので」と理由を説明した。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会は内村と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)