1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

来年1月期“月9”『海月姫』、OPテーマで20年ぶり試み 覆面ユニットの初作品起用

 女優の芳根京子(20)が主演を務める、来年1月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『海月姫(くらげひめ)』。オープニングテーマ曲に音楽ユニット・カフェラテ噴水公園による「Goサインは1コイン」を起用することが27日、わかった。同ユニットは、インディーズ含めて今回がデビュー曲かつ初作品。1998年放送の『じんべえ』(主演:田村正和)以来、20年ぶりの試みとなる。

【放送前から話題】女装美男子の瀬戸康史

 カフェラテ噴水公園は、「2001年誕生、出身地:ドーナツ村3丁目、中心人物が女性、乙女座、身長148cm、体重38キロ」など、限られたプロフィールしか公開されていない覆面ユニット。現時点では、その容姿や実績も明かされておらず、ユニット名の理由も不明だ。

 謎に満ちた彼女たち(?)をなぜ起用したのか。同作の編成企画を担当するフジテレビの渡辺恒也氏は「伸びやかさと力強さを兼ね備えた実力派でありながら、他の誰でもない個性を持つ彼女の歌声に文字通り、聴き惚れました」と説明し、太鼓判を押した。

 オープニングテーマの制作は、現在最終段階。シンデレラストーリーの同ドラマと共に「歌い手自身がこのドラマをきっかけに突然スポットライトを浴びることになるのが面白い」(渡辺氏)と、ブレークに期待がかかる。

 原作は人気漫画家・東村アキコ氏の同名漫画。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”月見(つきみ)が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分と生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く新感覚の“シンデレラ・コメディー”。2010年にテレビアニメ化、2014年には能年玲奈主演で実写映画化もされてきた。 </span>

Let's block ads! (Why?)