浅田真央「1番辛かった」引退の真相を明かす

【浅田真央/モデルプレス=12月27日】今年4月に引退したフィギュアスケート元世界女王の浅田真央が27日に放送されたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』(毎週月〜金曜あさ5時25分)にVTR出演。現役を引退した真相について明かした。

浅田真央、透けドレスで大人の色気 現役引退決意の裏側、安室奈美恵の引退に感じたことは

同局では30日を「スポーツの祭典」と題して、午前9時55分より9番組13時間超にわたりスポーツ特番が放送される。その中の目玉番組の一つである『浅田真央×宮里藍 はじめましての2人』では、今年4月に引退したフィギュアスケートの浅田真央、9月に引退したプロゴルフの宮里藍が初対面で対談。番組ではその特番の一部である「引退」について話す場面が紹介された。

◆浅田真央が明かす、引退の真相とは?


1年間の休養を経て現役に復帰した浅田。復帰後、思うように結果が出なかった時の事を振り返り、浅田は「引退したいって思ってから続けるのって辛かったです。その時が1番辛かったです」と当時の気持ちを打ち明ける。

続けて「復帰してから1シーズンやったんですけど、ちょっと今のスケート界と違う。無理かも。自分が置いていかれているなっていう感じがあって…だからもう選手として勝てないんだったら、辞めようって思って決めました」と引退の真相を説明した。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)