オタク女子・芳根京子を女装男子・瀬戸康史が翻弄!? 「海月姫」最新SHOTが到着!

芳根京子が“オタク女子”役に挑戦する新“月9”ドラマ「海月姫」(フジ系)が、クランクイン! 芳根扮する主人公・月海が、出会ったばかりの“女装男子”の蔵之介(瀬戸康史)の住む豪邸に無理やり連れて行かれる、というコミカルなシーンを撮影した。“クラゲオタク”の月海のオタク感を出すため、「なぜそげなこと言うんですか!?」と、せりふをなまり口調にすることになった芳根は、イントネーションに苦戦し、瀬戸と一緒に思わず噴き出してしまう場面も。しかし最後はビシッと決まり、ガッツポーズを見せていた。

【画像を見る】ヒロイン・月海を演じる芳根京子と、イケメン女装男子・蔵之介役の瀬戸康史の2ショット。クランクインから既に仲良しの2人は「イェーイ」とノリノリ!

■ 第1話STORY

小さいころからクラゲが大好きで、それ以外のことには無頓着な、筋金入りの“クラゲオタク女子”月海。鹿児島から上京してきた月海は、とあるアパートでさまざまなジャンルのオタク女子たちと、風変わりながらも楽しい毎日を送っていた。そんな折、クラゲがきっかけで月海はある兄弟と出会う。兄・蔵之介は、女装が趣味のプレーボーイ。弟の修(工藤阿須加)は、国会議員の父の秘書を務める一方、付き合った女性はこれまで一人もいない“童貞エリート”だった。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.