1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

渡辺麻友、AKB48卒業で“恋愛解禁”にコメント ノースキャンダルの11年に本音

【渡辺麻友/モデルプレス=12月26日】26日、東京・秋葉原のAKB48劇場にて「渡辺麻友卒業公演」が行われ、終演後、渡辺麻友が囲み取材に応じた。

AKB48渡辺麻友、卒コン直前に病死した女性ファンに“特別席”設けていた

◆渡辺麻友、恋愛解禁は…


卒業会見では定番の“恋愛解禁”の話題になると、「できたらいいなと。機会があれば。してこなかったので自分大丈夫かなって怖さもある」と不安を明かしつつも意欲を吐露。結婚願望などあるかと聞かれると「イメージできてなくて、自分が仕事人間なのでまだまだ思い描けてないです」と本音を語った。

渡辺といえば王道アイドルとして11年間ノースキャンダルを貫いたがプレッシャーはあったか、という質問が飛ぶと「やっぱり恋愛禁止ルールもあったので、ルール守っちゃうタイプ。というか真面目になっちゃう性格なので、真面目に守り抜いた結果こうなったという感じ」と回答。

そんな自分を誇りに思うかと聞かれると、「そうですね…そういう私を応援して支持して下さった方も沢山いるのでそういう方に支えて頂いたことは誇り」と頷いた。

以前出演したドキュメンタリー番組では「真面目な子ほど損する」という印象的な言葉を残していたこともあったが、改めて振り返り、「流石に真面目すぎちゃうこともあって、色んなことを楽しいことだけじゃなくて苦しいこと辛かったり『うーん』ってこともあったけどでも終えてみて楽しかったと一番に思える」と改めて”真面目“を貫いて良かったとしみじみ。

さらに、「スキャンダル起こしたいなと思ったことはなかった?」と深掘りされると、「逆にプレッシャーで私は絶対駄目だなという感じで」と本音をこぼし、「今後は恋愛ありですか?」と再び聞かれ、「ありですね」と改めて話していた。

渡辺は年内をもってAKB48を卒業。年末の紅白歌合戦がAKB48としてのラストステージとなる。

◆選抜総選挙で卒業を発表


2006年に第3期メンバーオーディションに合格し、翌年劇場デビュー。今年6月17日に沖縄県で開催された「AKB48 49thシングル選抜総選挙〜まずは戦おう!話はそれからだ〜」にて、149132票で2位となり、スピーチで卒業を発表した。

10月31日には地元・埼玉県さいたまスーパーアリーナで卒業コンサート「渡辺麻友卒業コンサート〜みんなの夢が叶いますように〜」を開催し、11月20日にはAKB48でセンターを務めるラストシングル『11月のアンクレット』を発売。12月20日には、これまでのソロ歴史を網羅した集大成となる1stソロアルバム『Best Regards!』を発売した。(modelpress編集部)

■公演出演メンバー


・チームA
兼任メンバーを除く全10名
・チームK
兼任メンバーを除く10名
※峯岸みなみはスケジュールの都合上、休演
・チームB
兼任メンバーを除く9名
※加藤玲奈はスケジュールの都合上、休演
・チーム4
兼任メンバーを除く全14名
・チーム8
以下3名
小栗有以(東京都)・坂口渚沙(北海道)・高橋彩音(埼玉県)
・16期研究生
以下2名
鈴木くるみ・山内瑞葵
・姉妹グループ
以下5名
松井珠理奈・山本彩・指原莉乃・宮脇咲良・北原里英

<総勢53名>

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)