浅丘ルリ子、元夫・石坂浩二に苦情!?「私たちはほっとかれてる」

12月23日放送の「古舘伊知郎ショー」(テレビ朝日系)には、先日放送が終了したドラマ「やすらぎの郷」に出演していた石坂浩二、八千草薫、浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、山本圭が登場。日本のテレビ草創期から活躍する出演者たちが、古舘伊知郎を相手に若いころの超貴重映像とともに今だから話せる秘話などを明かす。

【写真を見る】撮影現場では元妻・浅丘ルリ子と元恋人・加賀まりこ以外の女性には優しかったと暴露されていた石坂浩二

石坂浩二と浅丘ルリ子は元夫婦、石坂と加賀まりこは元恋人同士、浅丘と加賀は友達同士という複雑な関係だが、今はそういったことによるわだかまりが一切ない、ということで、浅丘、石坂、加賀の並びで座る。古舘は遠慮気味ではあるもの、若いころの恋愛事情などを出演者たちに質問。石坂との結婚前、のちに美空ひばりと結婚した小林旭と交際していた浅丘は、「終わったことですから」と当時の2人の仲を告白した理由を語る。また恋愛中だったときは、当時の芸能記者たちが逆に交際を温かく見守って隠してくれ、「(記者たちが)2人のことが分からないように守ってくれて」と明かし、古舘も昔はマスコミ側にも「スターを育てよう」という気持ちがあったと振り返る。だが石坂は「スターをスターとしておかないと逆に儲からない」と、裏事情があったと言い、当時はスターはトイレに行く姿すら見られないようにしなくてはいけなかったことなども話す。

また石坂と浅丘は結婚から離婚に至った経緯も告白。離婚の際、浅丘は何となく石坂に他の女性がいたことを分かっていながらも承諾し、離婚会見では浅丘は離婚することが石坂への「恩返しだと思った」と語り、それが本心だったと話す。なので「やすらぎの郷」での共演はうれしかったが、現場では石坂が浅丘と加賀以外の女性には優しかったと「私たちはほっとかれてる」(浅丘)と暴露。石坂を苦笑いさせた。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.