かわいすぎる女流棋士・香川愛生が棋士ならではの苦悩を語る

 12月20日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、かわいすぎる女流棋士として話題の香川愛生が出演。女流棋士界の事情や棋士ならではの苦労を語った。

 プロの女流棋士は現在60名ほどしかいないらしく、中居正広は「(プロの棋士が)男の人が多いってことは、男性のほうが強いの?」と質問。香川は「強いですね。そもそも将棋は男性がやるものとして、長い間日本で伝わってきたんです」「男性棋士のプロ制度ができたのって400年前なんですけど、女性のプロができたのが45年も経ってないくらい…」と男性と比べるとプロの女流棋士の歴史は圧倒的に浅いらしい。

 意外と中居も将棋をやるらしく、「将棋は運じゃなくて、実力ですからね。強い人には勝てないね」と将棋の難しさを口にする。しかし、香川は「実力そのままで戦うことができる、運もないですし、言い訳もできないっていうところが熱くなっちゃった一番の魅力…」と純粋に個人の実力で勝負できることが、将棋にのめりこんだキッカケだと熱弁した。

 また、「職業病とかってあるんですか?」と聞かれ、「洋服とか買いに行くじゃないですか。その時、クセで一個だけ買おうとしちゃうんですよ」「将棋って一手しか指せないじゃないですか。最善の一着はどれなんだろうって…」と常にベストの選択をしようとしすぎて、優柔不断になってしまうようだ。
さらに、「相槌打つのが早いっていうのは、友だちに言われたことあります」「すごい早く『なるほど』って言っちゃって…」と相手の数手先、数十手先を読むことが習慣化しているようで、話し相手の言いたいことを先読みした結果、相槌が早くなってしまうらしい。

「女性棋士は男性棋士には勝てない」とはよく言われる。だが、男性に負けない女流棋士がどんどん活躍するようになれば、将棋ブームもますます過熱してくるかもしれない。 </span>

Let's block ads! (Why?)