1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(12月24日)有馬記念(GⅠ)他4鞍

【今週の予想】

☆阪神6R 2歳新馬(芝1800m)

 血統、動きともに申し分なしのシンハラージャがデビューVを決める。兄妹にはラジオNIKKEI杯2歳Sの勝ち馬・アダムスピーク、マーメイドSの勝ち馬・リラヴァティ、オークス馬・シンハライトと、活躍馬がズラリ。本馬も例にもれず、心肺機能の高さ、筋肉の柔軟性、力強さとハイレベル。メンバーは揃ったが、勝ち負け必至。

◎シンハラージャ
○ダノンマジェスティ
▲ポルティモア
△₁サンティーニ
△₂ワイズワン

買い目
【馬単】1点
◎→○
【3連複2頭軸流し】3点
◎○-▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】3点
◎→○→▲△₁△₂

☆阪神7R 3歳以上500万下(ダート1400m)

 少しずつ体と心のバランスが整ってきたバレーロ。気性面で難しいところがあり、戦績が安定しなかったが、3走前からようやく気性面が安定してきた。それにともない戦績も安定。+14kgの馬体重でも太くは見えず、馬体にも成長が見られ追い込んで3着。それも直線で狭くなるところがあり、もったいない競馬になってのもの。前々走は勝負どころで進路がなく、追い出しが遅れて5着まで。前走はこれまでより前目からの競馬で2着と、気性面、馬体ともに成長を見せており今度こそ。

◎バレーロ
○キスミーワンス
▲ハムレット
△₁トップラン
△₂カムカム
△₃イイデファイナル

買い目
【馬単】7点
◎→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃

☆阪神8R 3歳以上1000万下(ダート2000m)

 前走は参考外のルドルフィーナ。気分良く競馬が出来れば好走するが、その気分が難しいタイプ。前走は内で揉まれてしまい、馬が嫌気を差してまともに走っておらず参考外で良し。今回は本馬の癖を掴んでいる乗り慣れた小牧騎手。枠にもよるが、すんなり行ければ巻き返す可能性十分。

◎ルドルフィーナ
○エンパイアブルー
▲ラボーナ
△₁スズカヴァンガード
△₂ホーリーブレイズ

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂
○→◎
【3連複2頭軸流し】3点
◎○-▲△₁△₂
【3連単2頭軸マルチ】18点
◎○⇔▲△₁△₂

☆中山11R 有馬記念(G?)(芝2500m)

 いよいよ暮れのグランプリ有馬記念。今年はキタサンブラックの引退レースでもあり、例年以上の盛り上がりを見せている。秋はここまで天皇賞(秋)、JCと2戦しており、状態の維持、疲労度がカギとなってくる。天皇賞(秋)を走った馬たちは、総じて次走は凡走している。その中で天皇賞(秋)を勝利し、JCでも3着と崩れていないキタサンブラックは怪物。さすがに今回は厳しいかと思いきや、追い切りの動きを見ればそんな不安はまったくなし。一週前追い切りでは直線でしっかりと追われており、疲労が残っていればここまで強くは追えまい。枠も1枠2番と絶好枠を引き、悔いのない仕上げで有終の美を飾る。相手本線は、シュヴァルグラン。昨年の当レースでは、14番枠だったこともあり出たなりの競馬で後方から。3コーナー手前から動いていったため、さすがに直線は厳しくなったが、それでも勝ち馬から0秒5差の6着に粘ったのだから悲観する内容ではない。本格化したことで前走はJCを制覇。状態は維持できており、ここも崩れることは考えにくい。一発ならレインボーライン。以下、ヤマカツエース、ミッキークイーン、シャケトラまで。

◎(2)キタサンブラック
○(10)シュヴァルグラン
▲(8)レインボーライン
△(1)ヤマカツエース
△(13)ミッキークイーン

Let's block ads! (Why?)