山下聖菜、もののふシリーズ“最終章”に出演決定! 主人公の幼なじみ役に

2018年2月8日(木)より、東京・天王洲銀河劇場にて上演される舞台「もののふシリーズ」最新作にして、“最終章”となる「駆けはやぶさ ひと大和」に、舞台を中心に活躍する注目の若手女優・山下聖菜が出演することが分かった。ほか、荻野崇、越村友一の出演も決まった。

期待の新進女優・山下聖菜ってどんな人?

“もののふシリーズ”は、2015年9月に白虎隊の青春を描いた「もののふ白き虎」が上演。新撰組に憧れた白き虎たちの生きざまは大きな反響を呼び、2016年には「もののふシリーズ」と題しシリーズ化された。

第2弾では新撰組なき後の斎藤一を主軸に描いた「瞑るおおかみ黒き鴨」を開幕させた。圧巻のアクションシーンはさることながら、時代に翻弄(ほんろう)されながら生きる若者たちの人間ドラマを描いてきたシリーズだ。

第3弾となる今回は“新撰組”隊士たちが中心の物語となる。5人組ダンス&4オクターブボーカルグループ・Da-iCEのボーカルである花村想太が初単独舞台主演で、新撰組隊士・中島登役を務める。また、花村自身が本作のテーマソングの作詞を手掛け、さらに歌唱することも注目が集まっている。

追加キャストとして出演が決まった山下は、本作オリジナルキャラの音海を演じる。中島登の幼なじみで、近藤勇や土方歳三と同じの武州多摩の出身。遊郭に身請けされ、京で“音海”と名付けられるキャラクターだ。

その他のキャストは、榎本武揚役に久保田秀敏、沖田総司役に山本涼介、市村鉄之助役に杉江大志、横倉甚五郎役に健人、伊藤博文役に近藤頌利、島田魁役に林田航平、 桂小五郎役に歌舞伎俳優の中村亀鶴。

さらに、前回のもののふシリーズ「瞑るおおかみ黒き鴨」で主役を務め、映画、舞台、テレビに活躍する青木玄徳が斎藤一役を続投し、華を添える。また、土方歳三役には、若手男性俳優集団D-BOYSの荒木宏文、新撰組局長・近藤勇役に的場浩司ら豪華キャストが出演する。

作・演出は、もののふシリーズを全作手掛けている西田大輔が続投。もののふシリーズ最終章「駆けはやぶさ ひと大和」の本公演は、東京は2018年2月8日(木)〜18日(日)に天王洲 銀河劇場、大阪は2月24日(土)〜25日(日)森ノ宮ピロティホールにて上演となる。

そして本シリーズに過去出演していた安西慎太郎と松田凌が、2月12日(月)昼5時30分からの公演に“アフタートークスペシャルゲスト”として出演することが決定。最終章へと応援に駆け付ける。

そのほか、各キャストによる日替わりのアフタートークや、2月14日(水)夜6時30分からの公演は“バレンタイン記念”と銘打たれ、来場者にバレンタインチョコがプレゼントされる。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.