中村獅童、男児の名前は“陽喜”「父と母から一文字ずつもらいました」

 歌舞伎俳優の中村獅童(45)が23日、東京・歌舞伎座で新橋演舞場1月公演『初春歌舞伎公演』(2018年1月3〜26日)の公開舞台けいこを行った。18日に男児が誕生した中村は、名前を「太陽の陽に喜ぶと書いて、陽喜(はるき)と名付けました。父と母から一文字ずつもらいました」と明かした。

【写真】中村獅童、妻・沙織さんを初公開 熱いキスも

 獅童は2015年1月31日に11歳下の元会社員の一般女性の沙織さんと結婚。男児が誕生した12月18日は、自身の母親の命日の翌日とあり、「私達夫婦にとりましてとても感慨深い心境でございます」とコメントしていた。

 同公演は、東京・新橋演舞場にて2018年1月3〜26日まで上演。獅童のほか、市川海老蔵、市川右團次、夜の部で5作の昔話から構成される新作「日本むかし話」の「かぐや姫」には、海老蔵の長女・堀越麗禾(れいか)ちゃん(6)も出演。この日の囲み取材には、「日本むかし話」を演出する宮本亜門氏も出席した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.