要潤、ハマり役確定!?『海月姫』謎の運転手役で毒舌恋愛指南

俳優の要潤が、2018年1月にスタートする芳根京子主演の新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)に出演決定。イケメンすぎる“謎の運転手”花森よしお役として、初の月9レギュラーを務めることがわかった。

東村アキコの累計発行部数440万部以上を誇る大ヒット同名作品をドラマ化する本作。筋金入りの“クラゲオタク女子”の倉下月海(芳根)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と、その弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”だ。

要潤演じる花森は、高級車レクサスと美しい女性たちを愛する鯉淵家専属の運転手。常にダークスーツを身にまとい、表情を変えることなく職務に徹し、その完璧な容姿とテクニックで多くの女性を虜にしてきた。その経験を元に「女をオトすには“誕生日以外の普通の日にケーキや花束やプレゼントを送りまくって喜ばせといて、逆に誕生日当日は放ったらかして何もあげない”が基本でしょうが!!!」、「私、胸のあるナシは特に気にしないタイプです。色気さえあれば」と、なぜか“毒舌”の恋愛指南を施し、月海や蔵之介、修のなんともややこしい三角関係に大きな影響を与えていく。また、“愛車”に指紋ひとつ付こうものなら、予想の斜め上を行く反応を示す変わり者でもある。

本作への出演について要は「原作も映画も大ヒットしているので、とても光栄」と語り、演じる花森について、体型も髪型もそっくりで「この役は僕にしかできない」と感じたと告白。「似ている部分が多いので、逆に演じる部分が多い方がキャラクターとしては良いかと思っています。台詞の節々や、動作を作り込んで行くことを課題にして、全体の作品の中に良いエッセンスを加えられたら」と意気込んでいる。自らハマり役だと語る要の演技に注目だ。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.