「アナ雪」最新作でアナとエルサが一緒に歌うシーンを初公開!

3月16日(金)に公開される映画「リメンバー・ ミー」は、美しい“死者の国”を舞台に大冒険と“家族の絆”をテーマにした作品だ。“家族の絆”という同じテーマということから、同時上映が実現した22分の新作「アナと雪の女王/家族の思い出」のアナとエルサが初めて一緒に歌う新曲「When We're Together」を披露する本編シーンが初公開! アナとエルサが初めて迎えるクリスマスをお祝いする心温まる映像となっている。

【写真を見る】映画「リメンバー・ミー」のポスターカット/(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「アナと雪の女王/家族の思い出」は、長く閉ざされていた城の門が開かれてから、初めてアナとエルサが一緒に迎えるクリスマスが描かれる。姉妹はアレンデール王国の人たちをパーティに招くが、人々はそれぞれの家族に受け継がれたクリスマスを過ごすため、帰ってしまう。自分たちのクリスマスを祝う“家族の伝統”を知らないことに気付いたアナとエルサだったが、どんな形でも“家族と一緒に過ごすことが一番大切”と気付いた姉妹の気持ちを表現したのが、新曲「When We're Together」だ。

今まで同じ曲をそれぞれのパートに分けてデュエットすることはあっても、2人が同じ歌詞とメロディーを歌うのは初めて! さらに、これまで「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」や「生まれてはじめて」など、アナとエルサは自分の気持ちを歌う曲が多かったが、新曲「When We're Together」は互いが“家族”を思いやる気持ちが込められた歌になっている。

本編シーンでは、アナとエルサが手をつなぎ「どんなに遠くても私は旅立つわあなたがいるならどこへでも行く」と一緒に歌い、エルサは「一緒にいられるならそこが私の大切な場所」とアナを思う気持ちを歌っている。長い間離れ離れでクリスマスを一緒に過ごしたことがなかったアナとエルサだからこそ、一緒にクリスマスを過ごすことに幸せを感じているシーンだ。

“家族の絆の物語”を“最高の音楽”でつづるディズニーとピクサーの新作が同時に楽しめる作品とあって、幅広い世代が楽しめそうだ!(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.