加藤ミリヤ、安室奈美恵を語る。「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる」

【詳細】他の写真はこちら

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二とベッキーがMCを務める『LOVE or NOT♪』第15回(12月21日25:00よりdTVとFODで同時配信)に、先週に引き続き、加藤ミリヤがゲストとして登場。憧れの安室奈美恵や宇多田ヒカルについて語った。

■ベッキーが失恋したときに聴きたい曲

今市がベッキーに「失恋したときに聴きたい曲ってあります?」と聞くと、ベッキーは「ないです!」と即答。そして、「失恋直後は何も聴けない! 何も聴きたくない! どんな元気を与えてくれる曲も悲しみを誘導してきちゃうし、聴きたくないけど失恋から立ち直り始めたら、SMAPの『オレンジ』が聴きたくなる! 私の中のNo.1失恋ソング!」とコメントした。

今市が「そこに行くまでは部屋とかで?」と聞くと、ベッキーは「もう、じーっとして、クラシックのモーツァルトとか聴きだして」。今市が「そういう段階がある?(笑)歌までまだ聴けない?」と言うと、「そう! 人の声はまだ聴けない。で、だんだん人の声、で『オレンジ』聴ける」と熱く語った。

■加藤ミリヤ、安室奈美恵や宇多田ヒカルを語る

今市が「加藤さんがいちばん最初に音楽を意識したきっかけは何ですか?」と聞くと、加藤は「10歳ぐらいのときに、女性アーティストの方がすごく活躍されていて、自分で作詞作曲されたりとかする方がたくさんいるっていうのを知って、歌って作れるんだと思って。歌手って歌うものだと思ってたけど“作って歌うことができる”って知って。私は詞を書くのが好きで、歌にすれば自分の思っていることを知ってもらえるなって思ったのがいちばん最初のきっかけです」と答えた。

ベッキーが「10歳!?」と驚くと、加藤が「10歳ですね。もう反抗期だった。受験勉強してて」とコメント。今市が「当時いちばん好きだった女性アーティストは?」と聞くと、加藤は「いちばん最初に好きになったのは、やっぱり安室奈美恵さんです」と回答した。

ベッキーは「来ましたね! 歌姫も歌姫に憧れてたんだ!」とコメントし、加藤は「世代的に小学校入ったときぐらいに超アムラーブームで、ファンクラブも入ってたし、すごいカッコイイからマネしてて、当時子ども服とかもあったんですよ。すごい大好きで初めて(ライブを)観にいったのも安室奈美恵さんで」と語った。

ベッキーが「どんなところが好きですか?」と聞くと、加藤は「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる。姿形もそうだし、歌う姿もそうだし、みんなのWANTの塊っていう感じ」とコメント。今市が「みんな入口、安室さんですよね?」と言うと、ベッキーも「通ると思う! 通らない人ほぼいないと思う。みんなの理想をぎゅって集めたらああなる、ほんとに」とコメント。今市も「自分も初めて手にしたアルバムは安室さん。スーパーモンキーズのときで、親父が買ってきてくれて、ポスターも家で貼ってて、みんな安室さんですね」と語った。

ベッキーが「ちなみにいちばん好きな曲はなんですか?」と聞くと、加藤は「私は始めて買ったCDでもあるんですけど、『Don’t wanna cry』。すごいと思いました。子供のときだから、いわゆるブラックミュージック的なこととかって、知らないけど、そのミュージックビデオとかそのニュアンスがあったり、なんかそれが感じたことないグルーヴを感じました」と答えた。

ベッキーが「お会いしたことはあるんですか?」とたずねると、加藤は「あります。一度私が安室さんの『SWEET 19 BLUES』っていう曲を引用させてもらって作った曲があって、そのときにご挨拶して。そしたら、すごい緊張しちゃって目も見れないぐらいになっちゃったんですよ。でも、『こんな良い曲にしてくださってありがとうございます』って言ってくださって、部屋に戻ったら崩れ落ちるぐらい、すごい経験でした」と語った。

「業界人でも会えないじゃないですか!」というベッキーが、今市へ「会ったことあります?」と聞くと、今市が「自分1回レコーディングスタジオが一緒で、一瞬すれ違ったぐらいですね。声かけたいけどかけれず」とコメントした。

ベッキーが加藤へ「お言葉もらえるってうれしいですね」と言うと、加藤は「絶対一生忘れないと思います」と答え、今市が加藤へ「安室さん以外にも、宇多田ヒカルさんにも?」と聞くと、加藤が「すごい影響受けてますね。私がレコード会社に入るきっかけになったオーディションで歌ったのも宇多田ヒカルさんの『Automatic』です」と答えた。

ベッキーが「まさに歌を作る、そして歌うっていう意味では大きい影響が?」と聞くと、加藤が「そうですね。私もデビューしたのが早かったので、そういう面でもこうなりたいって思う部分がたくさんあったし、いちばんなりたい声だなって今でもこの声に産まれたかったと思います」とコメント。

ベッキーが加藤へ「カバーもされていますけど、宇多田さんの曲の中でいちばん好きな曲はなんですか?」と聞くと、加藤が「すごいいっぱいあるんですが、『誰かの願いが叶うころ』」と回答。さらに加藤が、「ミュージックビデオも好きですし、ピアノのシンプルな曲ですけどイントロから泣けるし、歌詞もすごく壮大ですごい曲です」と語った。

■加藤ミリヤ、三代目JSBのライブを語る

ベッキーが「ミリヤさんは三代目さんのライブに行かれたことあるんですよね? どうでした?」と聞くと、加藤が「すごかった! 世界観が! 女の子が『キャー』って言うか、悲鳴みたいな。私のライブも女の子の方が多いからその『キャー』って聴き慣れているはずだったんですけど、キーがもっと高い! すごかったです」と答えた。

ベッキーが「映像も演出もすごいし」と言うと、加藤は「そのとき(2014年)のライブがセンターステージだったので、見せ方に個性があってすごかった」と語り、今市は「HIROさんが演出とかすごいこだわっているので、映像もすごいクオリティ高いですね」とコメント。ベッキーが「この間の東京ドームに行かせてもらったんですけど、映像がもう映画っていうか何て言うか、私何見てんだろうって。映画なの? ライブなの? 何なの? っていう。総合エンターテイメントだなって思いました」とコメントした。

■加藤ミリヤが三代目JSBの曲の中でいちばん好きな曲は?

ベッキーから「三代目さんの楽曲で好きな曲は何ですか?」と聞かれた加藤は「『HANABI』です。『HANABI』は本当に同じタイミングで生で番組に出ているときに、すごくよく聴かせてもらっていて、いつも良い歌だなと思って聴いてました」とコメント。今市は「ぜひ歌ってほしいですよね!」、ベッキーは「聴いてみたい!」と盛り上がり、加藤は「振りもすごい好きだった」と語った。

■加藤ミリヤのプライベートは?

今市から「(加藤さんの)プライベートが気になりますね。休日とか」という切り出しに、加藤が「温泉とか行きたいですね。あと、犬の散歩とか」とチワワを3匹飼っていることを語りだす。すると今市が「生活感ないですよね。ミステリアスで。」と言い、加藤が「ひとりでご飯食べるのが好き」と答えると、ベッキーが「同じじゃーん!」と同意する。さらに、ひとりでラーメン屋さんに1時間30分並んだときの話を楽しそうに語った。

■加藤ミリヤの「LOVE」なものとは?

加藤は「ウナギ! ツアー中ほとんどお昼ウナギです。軽くてしっかり食べれるからです。忘れられないウナギは、東京の“魚政(うおまさ)”さんです」と、ツアー中ほぼ必ず食べに行くと語った。

※そして今回のTODAY’S LOVE or NOT♪LIVEは、Da-iCEがdTV×FOD共同制作ドラマ『花にけだもの』主題歌の「わるぐち」を歌唱。来年2018年1月17日リリース、デビュー5周年イヤー第1弾シングル「TOKYO MERRY GO ROUND」収録曲をひと足早く届けた。

『LOVE or NOT♪』情報ページ

https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/s0000684

FOD

http://fod.fujitv.co.jp/

DREAM FACTORY

http://dreamfactory.video/

『LOVE or NOT♪』OFFICIAL Twitter

https://twitter.com/loveornot_music

『LOVE or NOT♪』OFFICIAL Instagram

http://www.instagram.com/loveornot_music/

加藤ミリヤ OFFICIAL WEBSITE

http://www.miliyah.com/

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE

http://www.jsoulb.jp/

加藤ミリヤ、安室奈美恵を語る。「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる」

加藤ミリヤ、安室奈美恵を語る。「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる」

加藤ミリヤ、安室奈美恵を語る。「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる」

加藤ミリヤ、安室奈美恵を語る。「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる」

加藤ミリヤ、安室奈美恵を語る。「全(ぜん)女の子の憧れがすべて詰まってる」

Let's block ads! (Why?)