1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

深田恭子主演“妊活”ドラマ、主題歌はミスチル書き下ろし

2018年1月18日(木)スタートの新ドラマ「隣の家族は青く見える」(毎週木曜夜10:00-10:54フジテレビ系)で、主題歌をMr.Childrenが担当することが分かった。

【写真を見る】いくつになってもかわいい! 深キョンのドラマカット公開/(C)フジテレビ

本作は、複数の家族が意見を出し合って作る集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、さまざまな家族の成長と葛藤をハートフルに描くヒューマンドラマ。

深田恭子と松山ケンイチの“妊活”カップル、平山浩行と高橋メアリージュンの“事実婚”カップル、北村匠海と眞島秀和の“ゲイ”カップル、野間口徹と真飛聖の“虚栄心”カップルが登場し、それぞれが家族の形を探して立ち向かっていくストーリーだ。

今回、Mr.Childrenは本作のために新曲「here comes my love」を書き下ろし。“月9”ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(2017年、フジテレビ系)での「HANABI」以来、半年ぶりにフジテレビドラマの主題歌を担当することになる。

ボーカルの桜井和寿は「この物語の登場人物達の、また、その物語に自分を重ね共感するであろう皆さんの背中を押すことができるように、この曲に心を込めて制作しました。 登場人物達の未来がどうなっていくのか、とても楽しみにしています」とコメント。

主演の深田は「人生という壮大な海の中で、愛する人のもとへ導いてくれるような、道筋を照らしてくれるような、希望と愛を感じました。この楽曲がつないでくれた愛の中で精いっぱい泳ぎたいと思います」と感動した様子で語った。

また、本楽曲の音源は1月18日(木)のドラマ初回放送で解禁予定。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)