1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

石原さとみ、“なりたい顔No.1”で殿堂入りの快挙 葛藤の時期を語る

【石原さとみ/モデルプレス=12月21日】女優の石原さとみが21日、「美的ベストビューティーウーマン賞」を受賞し、都内で行われた授賞式に出席した。

【さらに写真を見る】石原さとみのショートヘアが可愛い!純白ワンピースで美しさ際立つ

◆石原さとみ、“なりたい顔”殿堂入りに「すごく嬉しい」


同賞は、雑誌『美的』(小学館)の読者が選ぶ“なりたい顔”の著名人に贈られる。石原は3年連続で選出され、今回で殿堂入りを果たした。

授賞式には、真っ白なシースルーのドレスに、足元は淡い水色のハイヒールで登場した石原。肩の長さまでに切りそろえられたショートボブ姿をお披露目した。

トロフィーを受け取ると「読者の方、一人ひとりが投票して選んでくれた賞が一番嬉しい」とにっこり。殿堂入りについても、「響きがいいですね!めったにないことですし、すごく嬉しい。みなさん(記者)が記事の中でトップに書いてくれると嬉しい。楽しみです」とお茶目に報道陣にお願いした。

◆石原さとみ、苦しみから抜け出せた理由は?


受賞のスピーチでは「自分自身でも『どうせ私なんか』とか『仕方がない』とかネガティブな自分がいて、苦しんだ時期があった。今もネガティブな自分と闘うこともある」と葛藤を吐露。

続けて、家族や友人と過ごす中で心が豊かになり「3年間選んでもらって嬉しいと感じられる自分になれた」と明かした。

◆活躍の1年で学んだこと きっかけを明かす


今年も主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』や映画『忍の国』に出演するなど大いに活躍。

特に印象的だったのがチャリティーパーソナリティーを務めた『24時間テレビ』だったようで、「人生にとって大切なことを学べた。知らないってことが差別を生むんだと知れたので、自分の中で大きなきっかけになった」と回想した。

◆仕事・プライベートでの抱負を語る


クリスマスイブとなる12月24日には31歳を迎えるが、仕事面での抱負を聞かれると「やりたいって思うお仕事がいっぱい出てきた」と話し、「この監督とお仕事をしたい、こういう企画やりたいってどんどん出てきている。どれが実現するか分からないけど、実現に向けて行動に移したい」と目を輝かせた。

また、私生活では「理性やネガティブな自分もあるが、本能的に嘘をつかないような生き方ができたら嬉しい」と語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)