松坂桃李“立証不可能”な登場に「素人がやるもんじゃない」<不能犯>

【松坂桃李/モデルプレス=12月21日】俳優の松坂桃李が21日、都内で行われた映画「不能犯」(2018年2月1日公開)の完成披露試写会に出席した。

【さらに写真を見る】松坂桃李“立証不可能”な登場に「素人がやるもんじゃない」

この日は作品の内容にかけて、松坂は“立証不可能”な演出で登場。4段に積まれた箱の中から登場し、観客を驚かせた。

この登場演出は苦労があったのか、大きく息をはきながら「素人がやるもんじゃない(笑)」と吐露。しかし「この作品をやっていなかったら経験できなかったので嬉しいです」と笑顔を見せた。

◆“ちょい悪”な松坂桃李


イベントでは、松坂演じる宇相吹正のセリフ「愚かだね、人間は―」にちなみ、自身がおろかだと思った体験を告白する場面も。松坂は「愚かな考え方をしたという話なんですけど」と切り出し「交差点を歩いていたとき、スケボーをしている人がいて『転ばないかな』と思って見ていたら転んで『はい転んだー!』と思った(笑)」と告白。「心配よりも『そんな危ないことしてるから』と思いました」と語りつつ自身のおろかさを反省している様子を見せたが、共演の沢尻エリカからは「悪っ!」とツッコミが入った。

◆映画「不能犯」


同作は「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也氏が作画、原作を宮月新氏が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を映画化。絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹正(松坂桃李)と、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子(沢尻エリカ)の対決を描く。

また、この日のイベントには共演の新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督も出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)