1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

沢尻エリカ「本当に話したくない」“おろか”だと思った出来事回顧<不能犯>

【沢尻エリカ/モデルプレス=12月21日】女優の沢尻エリカが21日、都内で行われた映画「不能犯」(2018年2月1日公開)の完成披露試写会に主演の松坂桃李らと出席した。

【さらに写真を見る】沢尻エリカ、美人度際立つ赤のドレスで登場

イベントでは、松坂演じる宇相吹正のセリフ「愚かだね、人間は―」にちなみ、自身がおろかだと思った体験を告白する場面も。沢尻は「その手の話はすごくある。自分で自分を疑った。本当に話したくないんだけど…」と切り出し、引越しのときに起こったエピソードを披露。その家は一軒家で、1階がガレージ、2〜3階が住居スペースだったそうで、1階のガレージが気に入ったのだという。

さらに引越しと同時に新車を購入し、引越しの日と納車の日が同じだったというが「車がガレージに入らなかった」と落胆。家までの道が狭く、車が通れなかったそうで「引越したのに、新しい駐車場を借りて『本当におろかだな』って。何で前もって調べなかったんだろう」と失敗談を明かした。

◆映画「不能犯」


同作は「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也氏が作画、原作を宮月新氏が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を映画化。絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹正(松坂桃李)と、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子(沢尻エリカ)の対決を描く。

多田刑事を演じた沢尻は「今までないような役柄でアクションにも挑戦したのですが、思うようにできなくてなかなか難しかった」と吐露。しかし「本当にすごく楽しくて、このキャスト、スタッフでこの作品を作れてよかった」と晴れ晴れしい表情を見せた。

また、この日のイベントには共演の新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督が出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)