窪田正孝、次は“理系男子”に 「Nのために」スタッフと再タッグ「今の自分にとってすごく大切なこと」<アンナチュラル>

【窪田正孝/モデルプレス=12月20日】来年1月期のTBS系新金曜ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜よる10時〜)に出演する俳優の窪田正孝が、このほど行われた取材会に出席した。女優の石原さとみを主演に迎えた今作は、昨年大ブームを巻き起こしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子氏が、オリジナル脚本で描く。

【さらに写真を見る】窪田正孝、メガネ×つなぎの“理系男子”姿

◆石原さとみ主演『アンナチュラル』


制作は、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』(いずれもTBS)のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子氏など、今ノリに乗っている女性スタッフたちを中心に1話完結の法医学ミステリーを展開する。

これまで様々な役を演じ、幅広い層から支持を得ている石原が今回演じるのは、日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”の三澄ミコト。ドラマの舞台となるのは、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。そこに運び込まれるのは、“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体ばかり。ミコトは井浦新演じる法医解剖医・中堂系、窪田演じる記録員・久部六郎らクセの強いメンバーたちと共に、連日UDIラボに運び込まれる死体に向かいメスを握る。

◆窪田正孝、メガネ×つなぎ姿の“理系男子”に


六郎は、医大生でバイトとして雇われた新人。医者一家の三男坊で、三浪した挙句に三流医大に入ったものの、情熱を傾けられないまま今に至っているという役どころ。ネットやガジェットに強く、メガネ×つなぎ姿の“理系男子”。

すでに解禁されているビジュアルには、ファンから大きな反響が寄せられており、窪田は「衣装合わせのときにまさかメガネをかけるとは思わなかったです。僕はメガネキャラでいきたいと思います!」と裏話を披露し、「最初にグレーのつなぎを着て、ダンボールを4枚くらい持ったときに『引越し屋さんだね』って言わました。本当におっしゃる通りで…。『カジュアル過ぎても理系っぽくなくなるし』って、監督、プロデューサーさん、衣装さんが狙ってくれて、今はしっくりきています」と体に馴染んだ様子を見せた。

◆『Nのために』スタッフと再タッグ


また、自身のブレイクのきっかけとなった作品のひとつ『Nのために』スタッフと再タッグを組むことになったが「塚原さんは、自然な中で生まれる目の動作や表情を撮ってくださる方。そのやり方は『Nのために』のときから変わりません」と信頼を寄せつつ、今回の役どころについては「結構苦労しました。六郎がなかなか掴めません(笑)」と本音をこぼす場面も。

「六郎ってすごくポップな部分とツッコミ的な役割を持ち合わせているんですけど、本読みで『三枚目にいかないで、あくまで自然なツッコミをしてください』と言われ…。自然なツッコミとはなんぞや、と。さじ加減が難しく、出過ぎず出なさ過ぎすな絶妙な塩梅を狙って入るんですけど」ともがきながら、「飾らないことが六郎を演じる中では、一番大切なことかなと思っています。本当にありのまま自然に」と役に寄り添った。

一方で、「塚原監督は近くで見る力と引いて見る力、両方に長けている方なので、たくさん勉強させていただいています。いつも的確な指導をくださるので、その中で揉まれているのは今の自分にとってすごく大切なことだなと思います。言われていることはすごくしっくりくるし、『Nのために』ときもですけど、違うんじゃないかな?と思ったことは一度もないです。年を重ねれば何か言われることも少なくなりますが、僕は意見を言ってくれる人を大切にしたい。監督は常に“対”人間として見てくださっているので感謝しています」と、“学ぶこと”の楽しさを忘れない好奇心を覗かせた。

◆「消化不良」だからこそ…模索中の今


ドラマタイトルにちなみ、“アンナチュラルになるとき”については「良くも悪くもこの仕事はそう」と語った窪田。

「僕は、側にいる人に影響されやすいんです。1つ前の作品(『僕たちがやりました』)では高校生役でわちゃわちゃわちゃわちゃしていましたけど、今はUDIラボの中で最年少ということで大人な世界の中にいる。正直、今は六郎が掴めない分、自分の中で消化不良を起こしている部分もあるんです。でも、そういう時間は、とても貴重なものだなと思っています」とその悩みこそが、彼の新たな魅力を引き出すことになりそうだ。

第1話は、2018年1月12日、初回15分拡大で放送。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)