防弾少年団(BTS)「練習は完璧をつくる」圧巻ダンスに異例の努力 SNS人気への思いは?

【防弾少年団・BTS/モデルプレス=12月20日】韓国の7人組ボーイズグループ・防弾少年団(BTS)が20日放送の日本テレビ系情報番組『PON!』(毎週月〜木曜あさ10時25分)にVTR出演。ダンスパフォーマンスへの努力と人気のSNSについて語った。

【さらに写真を見る】防弾少年団、初の「Mステ」で投げキス宣言?意気込み語る

現在、世界的な人気を博し、K-POPアーティストとして前人未到の記録を樹立し続けている防弾少年団。番組ではそんな彼らにインタビューを行い、人気の理由の大きな要素となっている“ダンス”と“SNS”について質問した。

◆驚異のシンクロダンス「練習は完璧をつくる」


防弾少年団のダンスは数あるK-POPグループの中でも群を抜くレベル。ファンは「キレキレ具合にドン引き」「シンクロ率が100%、いや1000%」と太鼓判を押す。先日アメリカで行われたアメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)ではアジアのアーティストとして唯一パフォーマンスを披露し、そのダンスステージが話題となった。

そんな彼らだが、練習生として事務所に入った当時、7人のうち3人が全くのダンス初心者。一方高校の現代舞踊学科を主席で卒業したメンバーなどもおり、メンバーのダンスの実力はバラバラだった。

しかし、Vは「チームワークが本当に完璧です」と胸を張る。リーダーのRMは「僕とJINさん、SUGAさんとか、ダンスを全然してこなかった人は大変でした。でも、練習は完璧をつくります」と、現在のレベルに至るまでのストイックな姿勢を露わにした。


◆SNSでファンと交流「1番先に伝えたい」


また防弾少年団は頻繁にSNSを更新することでも有名。普段のオフショットや、スッピン写真、その日のファッションやペットまで、ファンと日常をリアルタイムで共有し“遠くても近く感じる”と人気を集めている。

そんなSNSに関しメンバーのJINは「1〜2分あれば投稿出来るので、移動の時間に投稿すれば十分ファンとコミュニケーションを取れる時間がある」と語り、JUNG KOOKも「何かあったら(ファンに)1番先に伝えたいので、欠かせません!」とファンとの絆を露わにした。(modelpress編集部)





情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)