大杉漣が板谷由夏、勝村政信、要潤らと鎌倉散策! 山崎まさよしとセッションも

BSフジで放送中の大杉漣の散歩番組「大杉漣の漣ぽっ」(毎月1回放送)が、2018年1月3日(水)に「大杉漣の漣ぽっ〜2018年は鎌倉を歩いて運気を上げよう!〜」(朝7:00-9:00)と題し、フジテレビで地上波初放送される。

【写真を見る】山崎まさよしとギターでセッションする大杉漣/(C)フジテレビ

さらに同日、BSフジでも「大杉漣の漣ぽっ新春SP!!2日間、高知のハシからハシまで歩いたぜよ!?」(昼2:00-3:55)の放送が決定した。

地上波放送では、ゲストの板谷由夏、勝村政信、要潤、田中要次、山崎まさよしを加え、大杉は神奈川・鎌倉の街を散策。大杉と30年来の友人である勝村や、映画で共演歴があるという板谷から、俳優仲間だからこそ知る撮影時の秘話が次々に語られる。

また、大杉と同じ四国出身の要潤からは、大杉から影響を受けたという地元を愛する気持ちを告白。さらに、大杉と要に田中も合流し、それぞれが素の表情をあらわにしていく。

番組では大杉と山崎がギターで即興セッションも披露。山崎は「珍しいものも見ることができて楽しい散歩ができた」と感想を語った。

BSフジの放送では、大杉が高知を訪問。映画監督・安藤桃子と落ち合うなど、さまざまな出会いに恵まれた大杉は、高知の街並みと自然をたっぷり堪能しつつ、目的地を目指す。

鎌倉で大勢のゲストを迎えた大杉は「普段ドラマやライブ以外では、なかなかお会いできない方々に来ていただき、いつもと少し違う“漣ぽっ”をお見せできたのではないでしょうか。普段はなかなか聞けないような“リアル話”もお聞きできました。普段の素に近い皆さんの姿を見せていただき、本当にうれしく思っています」と振り返る。

また、ゲストの要に対し「せっかくの鎌倉にもかかわらず、山しか歩いておりません(笑)。軽い登山でしたね。歩きながら要くんは言いました。『僕、人に会いたい!』と。僕たちが、本気で歩いたことだけは皆さんにお伝えしたいですね」と、同番組ならではの魅力も語った。

最後に「(地上波とBSフジの合計で)4時間、大杉漣! 歩くことの楽しさを皆さんにお伝えできればと思っております。わがまま、気まま、思うまま、ですね。視聴者の皆さんも一緒にその街を歩いている気持ちになっていただければうれしいです。乞うご期待ですぞ!」とアピールした。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.