BTS『Mステ』初!タモリは「日本のカール・ラガーフェルドみたい」

今年、大躍進を遂げた韓国7人組・ヒップホップボーイズグループのBTS(防弾少年団)が、12月22日(金)に4時間生放送される『ミュージックステーション スーパーライブ2017』(テレビ朝日系、19:00〜)に初登場することがわかった。

日本のゴールデンタイムに放送される番組への出演は、今回が初となる彼ら。演奏楽曲も大ヒットシングル「DNA -Japanese ver.-」に決定し、生放送でどんなライブパフォーマンスを披露してくれるのかに注目が集まる。

そんなBTS(防弾少年団)からこの度インタビューコメントが到着。初パフォーマンスへの意気込みや、司会者タモリとの初対面に臨む心境を語る中で、「初めてのミュージックステーションでやってみたいことは?」との問いに、メンバーのJINが「僕たちのことを見てくださっている皆さんに向けて、7人全員で投げキスをします!」と回答。他のメンバーが「無理! 無理!」、「JINさんだけ! JINさんがする予定です!」と慌てる一幕もあったが、はたして本番では?

<BTS(防弾少年団)コメント>

ずっと話に聞いていた『ミュージックステーション』に、僕たちが出られるとは夢にも思っていなかったので、こうやって出演が決まって、とても光栄だなと思います。出演が決まってからは、1日でも早くMステのステージに立ちたいという思いでいっぱいです。『スーパーライブ』に韓国のグループが出演するのは久しぶりだということも、本当に嬉しいですし、とてもワクワクしています。日本でデビューして以来、一番うれしいニュースでした。本当に、早く『スーパーライブ』に出演したいです! エネルギーがいっぱいです!! 本当に素晴らしい機会を与えてもらっているので、それにちゃんと応えられるよう、全力で頑張ります!

僕たちは今年、ミュージックステーションのおかげで韓国、アメリカ、そして日本の3カ国で、年末の大きなステージに出演できることになりました。本当にありがとうございます! 日本のファンの皆さんは、性格とか表情とか、話し方も、本当にとても優しいです。先日、イベント会場で、ファンの皆さんの間を1周させて頂いた時も、すごく喜んで熱狂してくれつつも、礼儀正しく秩序を守ってくださるので、僕たちは安心して皆さんの近くにまで行くことができました。ありがとうございました。タモリさんのイメージはサングラスです! 日本のカール・ラガーフェルドみたいで、かっこいいです! 声も素敵ですね。

(スーパーライブで披露する)『DNA -Japanese ver.-』という曲は、僕たちのエネルギーをたっぷり盛り込んだ楽曲で、パフォーマンスの見せ場もたくさんあります。かっこいいノリのいいステージをお見せしたいです。エネルギーいっぱいです! まさに僕たちのエネルギー、そして“DNA”を見て欲しいです。僕たちが本来のパフォーマンスをしっかりできれば、皆さんに感動をお届けできるのではないかと思います。“一糸乱れぬダンス”にぜひ注目してください! </span>

Let's block ads! (Why?)