大原優乃、Fカップ美バスト谷間あらわ グラビアへの本音を告白

【大原優乃/モデルプレス=12月17日】女優の大原優乃が17日、都内で2018年カレンダーの発売記念イベントを開催し、グラビアへの本音を明かした。

【さらに写真を見る】大原優乃のFカップ美バストに視線釘付け!

◆大原優乃「恥ずかしい気持ちもあった」


元Dream5のメンバーで、6月のグラビアデビュー以降、Fカップの抜群のプロポーションが注目を集めている大原。水着でのグラビア撮影について「プライベートで(水着を)着たことがなかったので、最初は恥ずかしい気持ちなどがあったのですが」というも「たくさんの方に支えられて今ここに居られていると思いますので、1回、1回を大切に、たくさんの方に応援してもらえるように頑張りたいと思います」とグラビア活動に意欲を燃やした。

◆日比美思から刺激


元Dream5のメンバーでは日比美思もグラビアに挑戦しているが「まさか美思ちゃんもするとは思わなかったので、おめでとうという気持ちで切磋琢磨しあって、お互いにいい関係として、刺激し合っていけたらなと思います」と笑顔を弾けさせた。

◆お気に入りは制服姿


大原は自身初となる今回のカレンダーで、大胆なビキニ姿をはじめ、制服姿や部屋着姿などを披露。お気に入りのカットには制服姿をあげた。「今、高校3年生で、現役女子高生として制服を着られるのもあと少しなので、すごく思い入れのあるカットです」とにっこり。残り少ない高校生活の中でやり残したことについては「制服で“夢の国”に行ったことがなくて。鹿児島県民なので。やはり東京で一番の憧れのものなので、ぜひ、お友だちと行きたいなと思います」と期待に胸を膨らませた。

◆大原優乃が大人になったと感じること


今年18歳になった大原だが「本当の年齢よりも下に見られることが多いのですが、大人っぽくなりたい年ごろです」と乙女心を言葉に。「大人になったと感じる部分」が話題にあがると「最近、味覚が変わりました。そばが食べられるようになったり、コーヒーもちょっとずつ、にがいのが飲めるようになったりしてきました」と声を弾ませた。

◆アクションにも意欲


2017年は、グラビアのほか、舞台にも挑戦した。「初舞台で初主演をさせていただいたことは本当に貴重な経験」と回顧。「体を動かすことがすごく好きです。初舞台ではアクションをやらせていただいたので、今後もアクションをたくさんやっていきたいなと思っています」と女優業への意気込みを言葉に。「アクロバットの練習をよくしていて、バク転ができるようになりました。(バク転を)舞台ではまだやったことがないのですが。トレーニングもジムに通っているので、色々な技を見せていきたいなと思います」とアクションにも意欲を見せた。

◆大原優乃の2017年は「笑」


2017年を漢字ひと文字で表すことになると「私は笑顔が一番かなと思いますので、これからも笑顔いっぱいで頑張っていきたいなと思います」と、笑顔の「笑」の字を選んだ。2018年の目標については「カレンダーをまた出せたらいいなということと、写真集や色々な雑誌で表紙を飾れるように頑張りたいなと思います。今年からグラビアと同時にお芝居も始めたので、そっちの方もどんどん勉強していきたいなと思います」と目を輝かせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)