松井珠理奈、韓国でインスタ映え写真100枚撮影 ポイントは「加工し過ぎない」

 アイドルグループ・SKE48の松井珠理奈による中京テレビ制作『松井珠理奈のインスタ映え100枚チャレンジ旅』が16日から無料動画アプリ『Chuun』にて配信開始された。1泊2日で韓国ロケを行い、“インスタ映え”写真を100枚投稿する…というタイトルどおりの挑戦。「韓国は初めて行った海外(外国)で20歳になって行けたのがうれしかったです。カメラが回るまで、まさか100枚チャレンジをやるとは思ってなかったので、理想と現実のギャップがあった」と率直な感想を語った。

【写真】松井珠理奈、インスタ映えスイーツをパクリ

 同番組では松井が“インスタ映えの聖地” 韓国にある最新インスタ映えスポットを15ヶ所以上訪れ、自身のインスタグラムに80枚以上の写真・動画をアップ。インスタ映えスポットの紹介や写真の撮り方はもちろん、旅の道中で起きたハプニングも多数紹介されている。ロケ場所が特定されて松井のファンが押し寄せたり、松井とディレクターが口論になったりとプライベート感満載のロードムービーが完成した。

 ロケのなかでも印象に残ったのは壁画村内のミルク工房というアイスクリーム屋さん。「すごく寒いなかで、たくさんアイスを食べたのが印象深い。インスタ映えと言えばソフトクリームとかアイスは定番。寒かったけど、でもオシャレは我慢だと思って、アイスを食べたのをすごく覚えている」と陰ながらの努力も…。一か所でいっぺんに“インスタ映え”写真がたくさん撮れる壁画村はなかでもおすすめだそうで「私と同じポーズで撮ってほしい」と呼びかけている。

 “インスタ映え”のコツについては「『インスタ映えスポットを邪魔しないように自分が写る」というバランスが大事。インスタは画面に写真が一気にたくさん並ぶので、一枚一枚サイズを変えて撮影することを心がけている。私は、自分の目で見たものをなるべくリアルに載せたいタイプなので、あまり加工はし過ぎない」と伝授していた。

 多忙を極める松井だがプライベートで旅行してみたい場所については「行ったことがないところに行きたいので、ニューヨークとか。メンバーと後輩の、これから期待される若手メンバーを連れて、ブロードウェイを見たい」と想像をふくらませる。

 「すごいステージを見て、やっぱり私たちも、全然立場が違いますけど、そういった劇場やステージに立つことがたくさんあるので、そういうプロのすごい方たちの意識とかをみんなで見て名古屋に持ち帰りたい。また熱くパフォーマンスできたらいいなと思う」と、エースとしてプロ意識を感じさせる発言も飛び出した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.