1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

5回中山競馬5日目(12月16日・土曜日)予想・橋本 千春

中山11R「ターコイズS」芝1600?
★素質開眼したワンブレスアウェイ。スタートが決まれば初重賞制覇の可能性は高い★
◎2ワンブレスアウェイ
○12ラビットラン
▲8ミスパンテール
△7フロンテアクイーン、14デンコウアンジュ
 全5勝中、4勝を戸崎騎手とコンビで挙げているワンブレスアウェイに期待。前走の府中牝馬Sはテン乗りの田辺騎手と息が合わず出負け、前に壁を作れず、ずっと引っ掛かったまま。直線でガス欠状態を起こしたのも仕方ない。10着とはいえ、着差は0秒6だから決して悲観することはない。実力の片鱗は示したし、巻き返しは十分可能だ。1度、重賞の流れを経験したことも今回に生かされるハズ。今春の初音Sでは有力候補のフロンテアクイーンと0秒2差2着の実績があり、これを物差しに考えればチャンスは十分ある。この馬を熟知している戸崎騎手なら、前走の二の舞をすることはないだろうし、持ち前の先行力を如何なく発揮できる。期待して大丈夫。

阪神11R「タンザナイトS」芝1200?
★今夏を境に一皮むけた桜花賞3着馬アットザシーサイド。オープン特別ならいける★
◎1アットザシーサイド
○11メイソンジュニア
▲14アドマイヤゴッド
△2アクティブミノル、6ラインスピリット
 桜花賞3着馬、アットザシーサイドの底力に期待する。夏を境に???着と破竹の勢いで挑んだ京阪杯は、ネロの前に?着と後塵を拝しているが、1200?のスペシャリスト集団を相手に0秒5差なら決して悲観することはない。この経験が生きるハズだし、オープン特別のメンバーなら、チャンスは十分考えられる。ハンデ53?も強調材料だ。

中京11R「中京日経賞」芝1200?
★実力は重賞級のゴールドケープ。休み明け3戦目で本領を発揮する★
◎6ゴールドケープ
○14オメガタックスマン
▲17メイショウベルボン
△7ダイシンバルカン、8ウィズアミッション
 休み明け3戦目で走り頃の実力馬、ゴールドケープにチャンス到来。その前走は、まさかの10着に敗退しているが敗因は明らか。昨年の桜花賞(13着)以来、1年7か月ぶりの醍醐特別を3着と好走、そこから中2週の東京遠征が響いた。いわゆる二走ボケが出たもの。決して悲観することはない。着差も0秒8なら巻き返しは十分可能だろう。もともと、桜花賞TR・フィリーズレビュー3着をはじめ、重賞戦線で何度も好戦して来た実力は、千万条件では明らかに上位。1ハロン短縮も全く問題ないし、普通に走ってくれば結果は付いてくるハズ。 </span>

Let's block ads! (Why?)