チュート徳井、スーパーキッズと対決も完敗 蹴りに絶叫「痛い、痛い」

 お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(42)が14日、都内で行われた映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)スパイミッションイベントに出席。ブルース・リーの動きをコピーし、“ネクスト ブルース・リー キッズ”として注目される今井竜惺くん(7)と対決をした。

【写真】本気の蹴りを受け…完敗した徳井義実

 徳井は、作品にちなんで“公開スパイミッション”に挑戦し、カウガール姿の美女を口説き落とすことに。劇中にも登場する傘を使い、うんちくを述べたり、自分を「傘のように骨のある男」とアピールするも美女の心には響かなかったようで、「くたばりやがれ」と切り捨てられた。

 その後、今度は竜惺くんとアクション対決をすることになり、竜惺くんはヌンチャク、徳井は傘を武器に選んでスタート。素早いヌンチャクや本気の蹴りを受けた徳井は「痛い、痛い」と叫び、完敗。勝負を見守っていた美女からは「とっとと失せろ、この腐れ外道」と厳しい言葉を浴びせられ、「言い過ぎやろ」と苦笑した。

 同映画は、スマートなスーツに身を包んだ英国紳士がみせるキレ味鋭いアクションと、ギミック満載のスパイ道具の数々、スピード感とウィットに富んだストーリーで熱狂的なファンを生み出した『キングスマン』の続編。徳井は「アクションの演出が全部斬新だし、かっこいい」と語っていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.