中島健人のキステクニックに妄想ふくらむ“フグ女”もん絶

久本雅美と加藤綾子がMCを務める新感覚トークバラエティー「妄想ふくらむフグ女たち」が、12月14日(木)深夜0時09分から日本テレビ系で放送されることが明らかとなった。

【写真を見る】佐藤仁美、辛酸なめ子、YOUら7人の“フグ女”たち/(C)YTV

男性を知り尽くし、妄想好きを自負する毒舌女子、通称“フグ女”たちが集まり、男性ゲストに好き勝手な妄想をぶつける同番組。今回フグ女として集まったのは、佐藤仁美、辛酸なめ子、滝沢カレン、ブルゾンちえみ、YOU、若槻千夏ら。彼女たちと久本、加藤が、ゲストにおかまいなしの本音トークを展開していく。

1人目のゲストは、Sexy Zone・中島健人。“完璧な王子様”というイメージが強い中島に対し、フグ女たちは「メンズエステで自分磨きをしてそう」「表参道でショッピングしながら、“周りの人に見られている俺”に酔っていそう」など、早速「ナルシストなのでは?」と疑惑の目を向ける。

最初のテーマは、「中島健人は仕事で急に2時間空いたら何をしそう?」。フグ女たちが好き勝手に妄想する中、スタッフが中島に密着したVTRと写真を公開。中島は、2時間を有効に使うため「攻めの1時間と守りの1時間」で過ごすと語るが、その真意とは?

また、「どんなパンツをはいてる?」というテーマでは、フグ女たちの予想に、中島がリアルな“パンツ事情”を明かす。さらに、「彼女との初めてのキス、どうやってしそう?」では、中島が佐藤を相手にまさかの実演。中島がアイドルの本領を発揮して、百戦錬磨のフグ女たちをとろけさせる。

2人目のゲストは武井壮。かなりお金を稼いでいるイメージのある武井の金銭感覚について、フグ女たちは「車をいっぱい買ってそう。寒くてもタンクトップでオープンカーに乗っているのでは」「貯金が億ぐらいありそう」など、武井の独身貴族ぶりを妄想していく。

フグ女たちの妄想は案外的を射ていたようで、武井は「冬でもタンクトップでオープンカー」という妄想について「5年前くらいは事実」とまさかの告白。

さらに、武井が自宅の様子を自撮り映像で紹介すると、そのゴージャスライフをフグ女たちがダメ出ししまくり、武井は「こんなに反感買ったことない!」と困惑する。

「どんな女性が好きそう?」というテーマでは、武井の独特な女性観、結婚観が明らかに。「それならお金目当ての女性でいいんじゃないの?」と、フグ女たちのツッコミは一層厳しいものに。その強烈な「口撃」に、“百獣の王”も心が折れかける。女性ならではの鋭い「妄想トーク」は一見の価値あり!

収録を終えたMC・久本は「女性が妄想で好き勝手なことを言う番組なんですけど、中島くんと武井くんは、私たちの妄想を受け止めてくれる度量のある方で、私たちも楽しませてもらいました。

中島くんは、『カッコよく生きている』ということに飾ることなく、素直にいろんなことを話してくれました。武井くんも『こんなに心が折れたのは初めて』と言いながらも、楽しんでくれたんじゃないかと」と、毒舌が持ち味のフグ女たちと正面から対峙(たいじ)したゲスト2人を称賛。

中には辛辣(しんらつ)な言葉も飛びかったが、「この番組は、男性も見ていて勉強になると思います。女性が考えていることや好きなこと、嫌いなことが分かって、モテテクニックの一つとして参考になると思います。

女性には『よくぞ言ってくれた!』と共感してもらったり、イケメンに対しての突き方を面白がってもらうのもいいですし、自分だったらどんな妄想をするかを考えて、あらゆる角度から自分の想像力、妄想力が広がっていくと思います。

人生何が楽しいって、妄想の中で好き勝手やってヒロインになれるということですよ(笑)。女性には、この番組でシンデレラ気分を味わっていただきたいです」と見どころを語った。

一方、共にMCを務めた加藤は「カメラを気にせず、女子会をしているような感じでした。ゲストのお2人には大変失礼なんですけど、ご本人を目の前に勝手なことを言えるのは気持ちがいいものだなと(笑)。

中島さんは、私たちの妄想以上にカッコいいことを言ってくださって、武井さんは、みんながツッコミたくなるようなことをおっしゃるので(笑)、中島さんと武井さんのパートが同じ番組とは思えない温度差で面白かったです」と、振れ幅の広い収録を楽しんだ様子。

今回、フジテレビ系列以外のバラエティー番組では初のMCとなったが、「特別何かが違ったというよりは、新しい番組で新たな一歩を踏み出したという気持ちですし、新たな挑戦をさせていただけるのはうれしいです」と振り返った。

最後に、「女性には一緒に女子会に参加しているような感覚で、男性は『女性からこういうふうに言われたくないから、ここを直そう』と学びながら、ぜひ一緒に楽しんでいただきたいです」と、視聴者へのメッセージを語った。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)