カトパン&マチャミ、中島健人の“キス実演”に大興奮「妄想以上にカッコいい」

 タレントの久本雅美とフリーアナウンサーの加藤綾子が、新感覚トークバラエティー『妄想ふくらむフグ女たち』(読売テレビ・日本テレビ系列)収録後の囲み取材に出席。男性を知り尽くし、妄想好きを自負する“フグ女”が集まり、男性ゲストひとりを取り囲み、プライベートの過ごし方や本音を聞き出して丸裸にしていく同番組。久本は「男性も観ていて勉強になると思います。女性が考えていることや好きなこと、嫌いなことが分かって、モテテクニックのひとつとして参考になる」と呼びかけた。

【写真】ブルゾン、滝沢カレン、YOUらがフグ女として出演

 今回「フグ女」として集まったのは、佐藤仁美、辛酸なめ子、滝沢カレン、ブルゾンちえみ、YOU、若槻千夏。1人目のゲストにはSexy Zoneの中島健人を迎えて「仕事で急に2時間空いたら何をしそう?」「どんなパンツをはいている?」「彼女との初めてのキス、どうやってしそう?」という3つのテーマで妄想をふくらませる。

 「メンズエステで自分磨きをしてそう」「表参道でショッピングしながら、“周りの人に見られている俺”に酔っている」など、言いたい放題のフグ女たちに中島もタジタジ。それでも、佐藤を相手に「彼女との初キス」を実演するシーンではスタジオ中がメロメロに。久本が「中島くんは、カッコよく生きているということに飾ることなく、素直にいろんなことを話してくれました」と語ると、加藤も「私たちの妄想以上にカッコいいことを言ってくださった」と声を弾ませた。

 2人目のゲストに登場した“百獣の王”武井壮に対しては、フグ女たちの猛毒もさらにアップ。「車をいっぱい買ってそう。寒くてもタンクトップでオープンカーに乗っているのでは」「貯金が億ぐらいありそう」など、武井の独身貴族ぶりを妄想しながら、容赦なくツッコミを入れていく。

 2人のゲストの対照的な展開に、加藤は「中島さんと武井さんのパートが同じ番組とは思えない温度差で面白かったです」とにっこり。フジテレビ系列以外でのバラエティー番組MCは今回が初挑戦となったが「特別何かが違ったというよりは、新しい番組で新たな一歩を踏み出したという気持ちですし、新たな挑戦をさせていただけるのはうれしいです」と言葉に力を込めていた。

 まもなく訪れる“クリスマス”での理想のシチュエーションについて質問を受けると、2人の妄想トークがさく裂。「やっぱり、海外でやるのがいいよね」「人目を気にせず、イチャイチャできますよね」と楽しそうに話していた2人だが、今年の予定を聞かれると「仕事です」と即答。久本は「ありがたいことに仕事です。昔、マネージャーさんから『久本さん、すみません。今年のクリスマスは仕事入れられませんでした』って謝られたことがありました」と笑わせていた。番組は、あす14日の深夜0時9分から放送される。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.