今田美桜、月9・高橋一生演じる“渡辺”と莉子の関係性に注目してほしい

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』で、高橋一生さん扮するあおば市議会新人議員・藤堂誠が、“渡辺”と偽名を名乗り古いアパートに一室で交流を図っているデリヘル嬢・莉子を演じている女優・今田美桜さん。

劇中では、謎多き“渡辺”の心の支えとして、天真爛漫な女性を好演し話題を呼んでいるが、地元福岡では「福岡で1番可愛い女の子」というキャッチフレーズで紹介されるなど、注目度が増してきている。

月9のほか、初のヒロイン役に挑んだ映画『デメキン』も公開中の今田さん。「女優になることが夢でした」と目を輝かせながら語った彼女が、月9出演の感想や、女優業への思い、今後の目標などを語った。

<インタビュー>

――月9という枠に出演すると決まったとき、どんなお気持ちでしたか?

月曜9時のドラマというのは、私も小さいころからずっと見てきたドラマ枠。しかも大先輩たちのなかで、私がやらせていただくことはすごく光栄だなと思う一方で、自分が出演していることが不思議な気持ちでもあります。

――莉子という役をどんな風に捉えて作品に臨んだのでしょうか?

デリヘル嬢役と聞いたとき、色っぽい大人の雰囲気が求められるのかなと思ったので、私で大丈夫なのかなというのが最初の印象でした。でも莉子という女の子は、天真爛漫で底抜けに明るいイメージだとお聞きして、それなら私でも頑張れるのかなと思ったんです。

――現場を経験していかがですか?

毎日撮影が終わるたびに、「もっとこうできたらよかったのに」と思うことが多いのですが、スタッフの皆さんの雰囲気がとても良いので、楽しい時間が過ごせました。撮影が進むなかで、課題もたくさん見つかってきて、悔しい思いも多いですが、それを克服して次につなげようと前向きに考えられています。

――高橋さんと対峙するシーンが多いですが、どんなことを学んでいますか?

二人でお芝居をするシーンが多いのですが、高橋さんはたくさんアイデアを持っていて、その都度、「こういうお芝居はどうかな?」とか「こうしてみたらどうだろう」と私にも提案してくれるんです。役柄に真摯に向き合う姿は、とても勉強になりますした。

――出身地の福岡でスカウトされて芸能活動を始めたとお聞きしました。当時から女優志望だったのでしょうか?

CMのお仕事が多かったのですが、CMの中でお芝居をする内に、芝居がやりたい、女優になりたいと思うようになり女優を目指すきっかけになりました。

――女優を目指したとき、そしていまの現状。一番大きな変化はなんでしょうか?

女優を目指し始めたちょうどその頃、いまの事務所の社長さんにスカウトをされて、熱心に何度も福岡に足を運んで下さりこの社長さんと一緒に仕事がしたいと思って上京して、周りの方々に支えられて今の私がいるので本当に日々充実しています。

――目標にしている俳優さんはいますか?

目標というより、憧れは満島ひかりさんです。満島さんのように、いろいろと幅広い役柄を演じられる女優さんになりたいなと思っています。

――これまで感銘を受けた作品などはありますか?

最近の作品ですが、満島ひかりさんが出演されている『愚行録』は衝撃を受けました。もともと、私はメッセージ性の強い、重たい話や実話を元にしたような話が好きなんです。

――今田さん自身もしっかり自分に向き合うタイプなのですか?

そういう部分もあると思いますが、基本的には楽天家かもしれません。結構悔しくて考え過ぎたりしてしまうのですが、寝たらすっきりして次の日はすぐ切り替えられるタイプです。

――「福岡で一番可愛い女の子」という触れ込みもありましたが、若い子の憧れの存在という印象があります。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.