伊藤淳史が新たなヒーローに!「週刊少年ジャンプ」とのコラボドラマ

「ドラマ24 第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』」が、2018年1月12日(金)よりテレビ東京系で放送されることが決定した。伊藤淳史を主演に迎え、創刊50周年を迎える少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」の全面協力を受けたエンターテインメントドラマだ。

【写真を見る】佐藤仁美はコスプレが趣味の肛門科の女医役

昔ヒーローに憧れていた会社員・月山浩史(伊藤)は、「週刊少年ジャンプ」好きが集まる秘密クラブ“オー・マイ・ジャンプ”と出合う。

そこで悩みや葛藤を抱えながら生きる人たちに影響され、月山はヒーローとして覚醒していく。秘密クラブに集うメンバーは、佐藤仁美や寺脇康文、柳俊太郎、斉木しげるら。そして、月山のライバル営業マンを馬場徹が演じる。

キャストが見せるコスプレ姿も本作の見どころの一つとなり、ほかにも「ジャンプ」の伝説的作品から最新作などが登場し、創作秘話や裏話、都市伝説なども語られる。「ジャンプ」ファン必見のドラマとなるだろう。

■ 伊藤淳史コメント

――ドラマのお話を初めて聞いた時の感想はいかがですか?

「週刊少年ジャンプ」創刊50周年と、「ドラマ24」の第50弾ということで、すごいタイミングだなぁと! 僕がそこで演じることができる、携わることができるのはすごくうれしいし、ありがたいことだなと思いました。

――「週刊少年ジャンプ」は読まれていましたか?

子供の頃に読んでいましたけど、最近は僕が演じる役柄同様なかなか読めていませんが、「キャプテン翼」とか、「ドラゴンボール」が大好きでした!

――視聴者の方へのメッセージお願いします。

「ジャンプ」はいつの時代にもいろんなヒーローを生み出しています。週刊少年ジャンプ創刊50周年、ドラマ24の50作目という節目で、見てくださる皆さまに元気を与えたいと思います。

それぞれ、コスプレをされた共演者の皆さんとお芝居するのが、すごく楽しみです。壮大なスケールになっていくので、スタッフの皆さんとも力を合わせて、頑張ってまいります。

夜の遅い時間ではありますけど、だからこそできる楽しみ、面白みも出していけると思いますので、ぜひ皆さま楽しみにしていただけたらなと思います。

■ 馬場徹コメント

「週刊少年ジャンプ」の中では、「遊☆戯☆王」が好きで、小学生の時に「遊☆戯☆王」カードをお年玉で買って集めていました。伊藤さん演じる月山と、僕が演じる黒塚の関係性が変化していくところは見どころでもあると思うので、そこをうまく表現できたらと思います。

■ 柳俊太郎コメント

「週刊少年ジャンプ」の「キャプテン翼」を読みサッカーを始めたので、非常に思い入れがあります。漫画家さんと編集者さん、ジャンプを愛する読者ファンの皆さま、そしてジャンプを読んだことのない方、全ての方々に愛される作品となるよう全力で演じさせていただきます。ぜひ楽しみに待っていてください!

■ 斉木しげるコメント

「週刊少年ジャンプ」は創刊号から読んでいて、今回のお話を頂いた時は本当にうれしかったですね。役柄も魅力的で、こういう役をやってみたかったです。コスプレは仕事で戦隊ものなどたくさんやっていますが、まさか今回のキャラクターを自分がやるとは(笑)。

僕は日頃、漫画は文化だと言っているのですが、「週刊少年ジャンプ」が若者たちになぜそんなに影響を与えたのか、何が彼らを夢中にさせたのか、ドラマを通して楽しんでいただけたらと思います。

■ 佐藤仁美コメント

女子なので、「週刊少年ジャンプ」は読んでいなかったんですが、今回、キャリアウーマン的なブルゾンちえみさん的な役かと思っていましたが、肛門科の女医という役で、設定が面白いなと思いました(笑)。今後もウラ設定が付いてくるかもしれないので、そこにも注目していただきたいです。

今回、コスプレが趣味という役柄で、いくつかコスプレをしますが、実写版ではないので完璧を求めず、“あくまでコスプレ”ということを踏まえて見ていただければと思います(笑)。

■ 寺脇康文コメント

子供の頃、漫画家になりたかったくらい漫画好きでしたし、もちろん「週刊少年ジャンプ」も毎週読んでいたので、ドラマのお話を頂いた時は、とても興味を持ちました。

「週刊少年ジャンプ」の中では、「ハレンチ学園」「トイレット博士」「男一匹ガキ大将」「マジンガーZ」「すすめ!パイレーツ」「アストロ球団」などが好きでした。

今回はコスプレも楽しみです。ちょっとばかばかしいドラマと思うかもしれませんが、演じる僕らが真面目にやることで、思い掛けないすてきなドラマになるかも! お楽しみに!!

■ あらすじ

かつてヒーローに憧れていた営業マンの月山浩史(伊藤)は、面倒を避ける大人になっていた。ある日、後輩の女子が上司からセクハラ受けているのを目撃するが、見て見ぬフリをしてその場から逃げてしまう。そんな浩史の前に現れた謎の男・土田跳躍(斉木)に、秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」に連れていかれる。

そこには、パクる才能しかない漫画家の卵・金城真治(柳)や、婚活中のコスプレ大好き女医・木暮美樹(佐藤)、いつもダンディな金融マン・水川康介(寺脇)などが集っていた。

土田は、そこのオーナーで、彼による厳しい条件をクリアした者だけが会員資格を与えられ、会員になった者は「1日1回、ヒーローらしいことをする」というルールが課せられるのだった。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.