1Dハリー・スタイルズ、東京で初ソロツアーに幕「日本に住みたい」

 活動休止中の英人気グループ、ワン・ダイレクション(以下1D)のハリー・スタイルズが7・8日の両日、東京・EX THEATER ROPPONGIでソロでは初となる来日公演を開催した。「日本と東京が大好きだからここでツアーを終えたかった」というハリーは、1Dの楽曲を含めた計15曲を披露し、9月にスタートさせたワールドツアーの第1部を東京で締めくくった。

【ライブ写真】ワールドツアー第1部を東京で締めくくったハリー

 スタジアムクラスの会場でライブをしていた1D時代には考えられないような至近距離で見られる会場とあり、スーツ姿にギターを抱えたハリーが登場すると、アリーナ前方ブロックがステージに向かって一気に圧縮。会場はいきなり興奮のるつぼと化した。

 1D時代同様、さまざまな日本語でリップサービスするハリーは「ただいま。こんにちは、ハリーです」とあいさつし、お得意の「ガンバリマース!」宣言も。「元気ですか?」と呼びかけ、観客から「元気!」と声が返ってくると、「楽しんでネ」「チョーかわいい」「日本に住みたい」「帰りたくない」と旺盛なサービス精神でファンを歓喜させた。

 時にギターを演奏しながら、時にハンドマイクでステージを縦横無尽に走り回りながらソロ1stアルバム『ハリー・スタイルズ』の全収録曲を披露。さらには1Dの「ストックホルム・シンドローム」「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」をロックアレンジで歌い、アリアナ・グランデの「ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ・ユア・ハート」もカバーした。

 最終日のアンコールでは、フロアを見下ろすバルコニーに現れると、マイクを使わずにアコースティックギター弾き語りでリトル・ビッグ・タウンの「ガール・クラッシュ」を熱唱。ラストはソロデビュー曲「サイン・オブ・ザ・タイムズ」でフィナーレを迎え、投げキスを振りまいてステージを後にした。

 なお、来年は規模を拡大したツアーで再来日することが決まっており、5月10日に兵庫・神戸ワールド記念ホール、5月12日に千葉・幕張メッセ公演が行われる予定。

■『HARRY STYLES LIVE ON TOUR』
01. Ever Since New York
02. Two Ghosts
03. Carolina
04. Sweet Creature
05. Only Angel
06. Woman
07. Meet Me In The Hallway
08. Just a Little Bit of Your Heart(アリアナ・グランデ カバー)
09. Stockholm Syndrome(ワン・ダイレクション)
10. What Makes You Beautiful(ワン・ダイレクション)
11. Kiwi
【アンコール】
12. Girl Crush(リトル・ビッグ・タウン カバー)
13. From The Dining Table
14. The Chain(フリートウッド・マック カバー)
15. Sign of the Times </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.