櫻井翔が日テレ平昌五輪スペシャルキャスターに! これで6大会連続

日本テレビ系では、2018年2月に開幕する平昌五輪のスペシャルキャスターとして、櫻井翔が就任することが決定した。

2018年2月9日(金)より、韓国・平昌にて開催される平昌五輪。日本選手のメダル獲得が期待される「フィギュアスケート」や「スキージャンプ」「スノーボード」のほか、全15競技を18日間にわたって行われる予定だ。

櫻井はこれまで、2008年の北京五輪を皮切りに、2010年バンクーバー五輪、2012年ロンドン五輪、2014年ソチ五輪、2016年リオ五輪と、5大会続けて日本テレビ系のオリンピック番組のキャスターを担当。

6大会連続となる平昌五輪では、日本からの近さをフルに生かして、櫻井が過去最大規模での現地取材を予定。「フィギュアスケート」は序盤の団体から取材するほか、メダルラッシュが期待される後半の「ショートトラック」「スピードスケート」まで、現地の様子をたっぷりと紹介していく。

6回目のキャスター就任について、櫻井は「初めて五輪取材に行かせていただいたのは2008年の北京オリンピックだったので、そこからちょうど10年、長くオリンピックに携わらせていただいているなと感じます」と、これまでの五輪取材を振り返りつつ感想を。

冬の五輪のイメージについては「とにかく寒い! 特に上村愛子選手のモーグルや高梨沙羅選手のジャンプなど、屋外競技では競技の順番まで待たなければいけないので、バンクーバーの上村選手の取材の時に、鼻水をたらしていたことがあって(笑)。それくらい寒さは感じますよね。

選手に関してで言うと、夏季五輪と比べると、風や雪など環境の変化に対応していかなければならない側面が強く、4年に一度で、たった1回、2回のチャレンジ、という時に急に風が吹いたり、吹雪になったり、その対応を試される厳しさが冬の五輪だと思います」と、取材の経験に基づいて明かした。

冬季五輪で印象に残っているシーンを聞かれると「強烈に残っているのは、ソチ五輪の浅田真央選手のフリーの演技ですね。上を向いて、少し震えて最後のポーズをとる姿に、『“万感の思い”というのはこういうことを言うのかな』というか、本当に鳥肌が立って身震いしましたね。

本当に目の前で見て、全体と天井に設置してあるビジョンの中の表情のアップと、感動という言葉では足りないくらいの強烈な思いを感じましたね」と、感動のシーンに思いをはせた。

そんな櫻井が注目する選手は「取材させていただいたことがある選手はもちろん注目していますが、最近では『スピードスケート・チームパシュート』の高木美帆選手、高木菜那選手の姉妹ですね。

『NEWS ZERO』にさせて出演させていただいている月曜日は、毎週のようにスピードスケートの話題になっていて、高木姉妹、小平(奈緒)選手もそうですが、日本新、世界新を出していて、楽しみで仕方がないです。

あとはお会いさせていただいてファンになったスノーボードの鬼塚雅選手。19歳というかわいらしい部分と、『金メダルを狙いに行きます』という強い思いとのギャップが魅力です」と明かした。

2017年もアーティスト活動だけでなく、大型特番の司会などで多忙を極めた櫻井だが、「ことしは長時間の生放送に多く出演させていただいて、自分の中の『目盛の幅』がだいぶおかしくなってしまっていて(笑)。

『24時間テレビ』があって、『THE MUSIC DAY』では10時間やらせていただいて、先日『ベストアーティスト』で4時間生放送をやらせていただいた時には、『あれ、短いな』と(笑)。オリンピック中継も時間が長いのですが、関係各所みなさんに安心して任せていただけるように頑張りたいです。

スポーツは究極のドキュメンタリーだと思うんです。4年、8年、選手によっては16年をその瞬間、1日に爆発させる。その熱気というのを、現地から生々しくお伝えできればと思います。

個人的には例年以上に現地に長くいられそうなので、選手の熱気だけではなく、大会そのものの熱気、盛り上がりもお伝えできたらなと思います」と意気込みを語った。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.