M-1王者とろサーモン久保田のゲスエピソードにスタジオ内は爆笑

 12月7日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、毎年恒例となっている企画「もっとやれるハズだったのに…2017反省会」を放送し、M-1王者のとろサーモンが出演。

 とろサーモンのボケ・久保田和靖は、2107年に思うような活躍ができなかった原因を、「番組呼ばれることはたまにあります。ほとんど1回で終わります」と、与えられたチャンスを次につなげられなかったことと分析。

 そして、「1回しか呼ばれなかった番組を今から出していきます」と、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『得する人損する人』(日本テレビ系)など、自分を1回しか起用しなかった番組を次々と発表し、スタジオ内を困惑させる。

 さらに、2017年で爪痕を残したことを振られた久保田は、コンビで出演したポルノ映画で「M男性」を演じた時のエピソードを語り出す。

「SM嬢みたいな人がいて、『今からお前のこと罵るから』って。その女性が下(股間)のほうをこうしたん(蹴ったん)ですよ」とリハーサル時に共演者の女性が本番さながらの絡みをしてきて、「それだったら本番でやってくださいよ」とイライラしながらその女性をいなした久保田。

 それから本番が始まり、「本番いったら僕がガーって(クレーンで)上に上がるんですよ。僕は吊るされて」「そしたら監督が『カット、(クレーンを)下せ!久保田、勃ってんじゃねーか』って」と、リハーサルでSM嬢にいろいろされたことで下半身が元気になってしまい、いったん収録を止めてしまったゲスエピソードを披露し、スタジオ内の笑いを誘った。

 今回の久保田の言動を見ていると、「何回も久保田を出演させたい」と思えない気持ちはよくわかる。これから数か月間は「M-1王者」として多くの番組に出演することが予想されるが、上手く持ち前のゲスさをセーブできないと、1回しか呼ばれなかった番組が、かなり増えることになりそうだ。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.