仲里依紗主演「ホリデイラブ」塚本高史ら出演者一挙解禁

2018年1月からスタートする、仲里依紗主演の金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほかテレビ朝日系)。このほどキービジュアルが公開され、塚本高史、中村倫也、松本まりからの出演が明らかとなった。

【写真を見る】「仮面ライダーエグゼイド」で主演した飯島寛騎が小泉駿役で出演

同ドラマの原作は、原作・こやまゆかり、漫画・草壁エリザによる同名コミック。仲が演じる不倫される妻(サレ妻)・高森杏寿が不倫と正面から戦い、試練の末に“本当の意味でのパートナー”へと成長していく夫婦の純愛物語が描かれる。

浮気の誘惑に負けてしまう夫・高森純平役は、猟奇的な役から好青年役まで幅広いキャラクターを演じ分ける塚本高史。プライベートでも愛妻家として知られる塚本が、夫婦関係を再構築しようと奮闘する姿を熱演する。

高森夫婦の“脅威”となるもう一組の夫婦役には、中村倫也&松本まりか。一見エリートだが実は“パワハラ夫”の井筒渡を中村が、その妻で、他人の夫である純平に執着する“誘う女”井筒里奈を松本が演じる。

また、唯一のドラマオリジナルキャラクター・春田龍馬には平岡祐太。杏寿の親友であり、良き相談相手でもあるという役どころだ。

ほか、杏寿たちを取り巻く人物として、山田裕貴、壇蜜、飯島寛騎、岡田龍太郎、三津谷葉子らが出演。彼らの演じるキャラクターが、それぞれの思惑で物語をかき乱していく。

■ 塚本高史(“杏寿の夫”高森純平役)

台本を読み「どこにでもある幸せな家族が、本当に一瞬の魔が差したせいで壊れていくのは怖いな」と思いました。でも、その“魔”も仕組まれてる可能性があるんですよね!? いやー、もっと怖いですね。この家族にはぜひ、最後は幸せになってほしいです。

仲さんとは今回が初共演。ポスター撮影で数時間ご一緒したときは、凛とした印象を受けました。純平は、現時点では本当に真面目で優しい人。さすがに魔が差すところには共感できませんが(笑)、家族が大好きなところは自分自身も同じ。

演じるに当たっては、悪気のない優しさの中に男気もにじませながら、男性からも会社の後輩からも好かれる雰囲気を出したいです。

世の悩める夫婦の皆さん、何に悩んでるかによっても変わってくるとは思うのですが、やっぱり夫婦の会話は大切だと思います。子どもがいたりすると夫婦の会話が減ってしまいがちですよね。でも、毎日の出来事をお互いに話せば、価値観などもより一層、理解し合えるのではないかなと思います。

■ 中村倫也(“パワハラ夫”井筒渡役)

原作にないオリジナル要素も加わり、膨らみのある作品になりそうです。昨今、何かと目にすることの多い“不倫”という二文字が、決して対岸の火事ではないということを楽しんでもらえればと思います。

僕が演じる井筒渡は、パワハラなのかモラハラなのか…いずれにせよ“理由”はあるはずです。まずは、そこの部分を丁寧に探っていきたいなと。

その結果、エッジが効いた感情表現をする役になったら面白いなと思っています。演じるに当たっては、相反するものが同居するキャラクターにしたいと考えています。

仲さんとは、学園ドラマで以前ご一緒しましたが、気さくで明るく、彼女がいるだけでパッと場が華やぐ印象を受けました。彼女をうまく苦しめられるように、頑張りたいと思います。

世の悩める夫婦の皆さん、この作品を見て一緒に泣いたり笑ったり、戒めたりしてくだされば幸いです。

■ 松本まりか(“渡の妻/純平を誘う女”井筒里奈役)

愛する相手を信じるというのは、こんなにももろく、難しく、尊いことなのかと思いました。愛することは自然な行為で、信じることは自分の意志による行為なんだと、ハッとさせられました。誰かを愛する上での大切な気付きが、この作品にはちりばめられているように思います。

私が演じる里奈は、怖いくらい純真で真っ直ぐでいちず。自分の感覚に一切の疑いがない。杏寿と同じように、里奈もまた運命の人と出会い、とてつもなく愛してしまった。その心理はとても理解できます。すさまじいエネルギーを秘めながら、ひた向きな里奈を演じられたらと思います。

仲さんは、デビュー時の神秘的な印象が強く残っています。その後、「劇団☆新感線」で声を枯らしながらも全身全霊で演じる姿に心打たれ、「ホリデイラブ」のイメージ映像を見たときにはすごくきれいな方だなと思いました。時間とともに、それまでとは違う一面を見せてくださる方なので、共演が楽しみです。

■ 平岡祐太(“杏寿の親友”春田龍馬役)

「ホリデイラブ」は、新しい切り口の不倫ドラマだと思います。原作漫画を読んでいても、何度も胸が引き裂かれそうになります。とても恐ろしい内容でした。僕が演じる春田龍馬はとても中性的なタイプで、極端に言えば博愛。何より、仲さんとの雰囲気が大切だと思います。

「夫婦というものは、ささいなことにも感謝があれば幸せでいられるのでは?」。まだ結婚も経験していないので説得力はないかもしれませんが、そう信じて、全力でこの作品に臨みたいです。

■ 山田裕貴(“杏寿に近づく謎の男”黒井由伸役)

あるテレビ番組の調査で、世の女性がしたいことの1位が“不倫”だったんです。高校生の頃から付き合って結婚した両親の下、夫婦だけじゃなく、仲間、恋人、つながりというものを人一倍信じる、信じようとする人間に育った自分としては、この結果は本当に衝撃でした。

そんな中で出合ったこの作品は、不倫をしてしまったからこその罪悪感、葛藤、苦しみが色濃く描かれていて…。一味も二味も違うと感じました。旦那さんともすごく仲のいい印象のある仲さんは、杏寿という役にピッタリだと思います。

黒井役を頂いたときは「ついにこういう役が来たか…」と(笑)。“主人公を惑わせる役=視聴者の皆さん全員を魅了する役”でもあると思うので、非常に難しさを感じています。

謎の男、正体不明の男というワードからはミステリアスというイメージが浮かびますが、黒井自身の素直さと、相手に笑ってほしくてジョークを言うところは、どこか僕とも重なります。このドラマで一番悲しい男になればいいなと願っています。

皆さんにはこのドラマを通し、今そばにいてくれる人の大切さを感じていただきたいです。

■ 壇蜜(“霊的能力の強い謎の女”坂口麗華役)

不倫モノ、YESドラマ化、NOタッチ。主演の仲さんには、愛らしく清らかな方(しかもグラマー)という印象を持っています。私が演じるのはそんな仲さんが演じる杏寿に、揺れるキッカケを作る女。非現実な世界の入り口にはちゃんと水先案内人がいて、麗華はその務めを果たす自己完結の女性なのだと思いました。自己完結人間に特有の、“どこも見ていない目”をするよう心掛けたいと思います。

世の悩める夫婦の皆さん、悩めることは幸せです。悩めるほど“その手にいろいろなものを持っている”ということですから。

■ 飯島寛騎(“里奈に一目惚れする青年”小泉駿役)

本を読んで、不倫は日常に潜む誰にでも起こり得るわなであるように感じました。携帯電話を使ってバレないように…と、いかにも現代であり得そうな、妙なリアルさがあるのが印象的でした。

良くないことではあるけど、この作品を通して、今までに想像できない恋愛表現もできるのではないでしょうか? 新感覚の不倫ドラマということで、皆さまに新たな刺激と感覚をお伝えできるよう、微力ながら頑張ります!

■ 岡田龍太郎(“純平の後輩社員”一ノ瀬真人役)

原作を読ませていただいたとき、夫婦への共感からページをめくるときに声が出てしまうこともありました。夫婦間の愛を応援せずにいられない、すてきな作品に携われることをうれしく思います。不倫に揺れながらも愛に溢れる夫婦の物語に、伴侶のいる方はもちろん、そうでない方でも共感すること間違いなしだと思います。

僕が演じる一ノ瀬は、建築に携わるガサツな男でありながら、慕っている上司の不倫疑惑に動揺するという繊細さも持っています。彼の人間らしさに共感してもらえるよう、精いっぱい演じていきたいと思います。飯島寛騎さん演じる小泉駿と対照的な性格を感じてもらえるよう頑張ります!

■ 第1話あらすじ

愛する夫・高森純平(塚本高史)と5歳の娘・七香の存在に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いていた杏寿(仲里依紗)。そんなある日、杏寿が自宅で経営するネイルサロンに、新規の女性客・麗華(壇蜜)がやって来る。

麗華から「あなたは他の男から見ればまだ充分オンナよ」とほのめかされた杏寿は、ふと、心にざわめきを覚えるが…。その直後、一体何があったのか、顔に多数のアザを作った純平が帰宅する。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.