AKB48劇場12周年 組閣は試練かチャンスか

 AKB48が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で『12周年特別記念公演』を開催。年内をもってグループを卒業する3期生の渡辺麻友は最後の周年公演とあり、「最後っていうのは寂しい気持ちもある」と胸中を告白した。

【写真】AKB48劇場の柱に12本目のテープを貼った横山由依 

 3期生は2006年12月の1周年記念公演でチームB候補生としてファンにお披露目されたことから、渡辺は「あれから11年…」としみじみしながらも、唯一の現役3期生としてグループに残る柏木由紀に「頑張って」とエールを送った。

 チームBはこの日、メイド風の衣装でパフォーマンス。柏木は「この衣装、ちょっときつくない? まちゃりん、どう?」と台湾留学生の馬嘉伶に聞くと、「本当におったまげでした!」と陽気に感想を伝えて笑いを誘い、柏木は「グサっと来た」と苦笑いしていた。

 また、この日はグループ総監督の横山由依の25歳の誕生日。メンバーと観客に「おめでとう!」と祝福された横山は「AKB48と同じ誕生日で、何度も言っているんですが、母親も同じ誕生日です」とにっこり。「メンバーに支えられた1年でした。みんなのおかげですっごい楽しい1年でした」と振り返った。

 その後、組閣(チーム再編成)が発表され、涙まじりにスピーチする一幕もあったが、最後には「12周年を迎えたこの日にもらった試練なのかチャンスなのかわからないけど、これから先につなげていけるように乗り越えていきましょう」とメンバーを鼓舞。「ここにいるメンバーたちと東京ドームに立ちたい」と決意を新たにしていた。

■『AKB48劇場12周年特別記念公演』セットリスト
Overture
01. 抱きつこうか?/16期研究生
02. 夢へのルート/チーム8
03. 生きることに熱狂を!/チーム8
04. 47の素敵な街へ/チーム8
05. 夢を死なせるわけにいかない/チーム4
06. なんか、ちょっと、急に…/チーム4
07. 呼び捨てファンタジー/チームB
08. ラブ・ジャンプ/チームB
09. 哀愁のトランペッター/チームK
10. 転がる石になれ/チームK
11. 胡桃とダイアローグ/チームA
12. ラベンダーフィールド/チームA
13. 桜の花びらたち/出演者全員 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.