AKB48、約3年ぶり組閣発表 宮脇咲良ら兼任解除 武藤姉妹はチームKに

 AKB48が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で『12周年特別記念公演』を開催し、2015年3月の「春の人事異動」以来2年9ヶ月ぶりとなる組閣(チーム再編成)を発表した。来年1月に開催される『AKB48グループドラフト会議』は新チームで行われ、新体制での活動は「来年春からを想定している」とした。

 新キャプテンは、チームAは岡部麟(チーム8兼任)、チームKは込山榛香、チームBは高橋朱里、チーム4は村山彩希。チーム8の活動は継続するものの、メンバー45人は全員、兼任として各チームに分散する。また、HKT48の宮脇咲良・矢吹奈子、NMB48の白間美瑠らは兼任を解除され、それぞれグループ専任となる。

 突然の発表にグループ総監督の横山由依は涙ぐみ、「12周年を迎えたこの日にもらった試練なのかチャンスなのかわからないけど、13周年、これから先もつなげて行けるように乗り越えていきましょう」とメンバーを鼓舞した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.
カテゴリー


次の記事