1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

山田涼介主演ドラマ、小瀧望、千葉雄大、児嶋一哉らの出演決定『もみ消して冬』

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める1月クールの連続ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)の追加キャストが発表され、ジャニーズWESTの小瀧望、千葉雄大、浅野和之、恒松祐里、児嶋一哉が出演することがわかった。

ヒットドラマの鉄板三大職業・医者の北沢博文(小澤征悦)、弁護士の北沢知晶(波瑠)、警視庁配属の警察官の北沢秀作(山田)のエリート三兄弟が一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決する同ドラマ。馬鹿馬鹿しくも美しすぎる家族愛と、主役の「エリート感が若干足りない末っ子警察官」が「家族への愛情VS職業倫理観」で葛藤したあげくにひねりだす「なんでそうなるの?」的な屁理屈を伴う活躍、その人間的成長(?)を笑いながら見る痛快「どコメディ」ホームドラマだ。

警視庁に所属する北沢秀作(山田)の後輩役を演じる小瀧は「なかなか憧れの人(=ジャニーズ事務所の先輩の山田)との共演というのは出来ないことだと思うので、すごく緊張していますが、現場ではその緊張に打ち勝って、しっかり自分の役目を果たすよう頑張ります」と意気込み、「山田くんからは、“主演を食うつもりで来い!”と言われました(笑) “コメディだし、気の知れたスタッフの皆さんと一緒だし、気楽に良いものを作ろうぜ”と言ってもらって、本当に助かりました」と先輩からのアドバイスを明かした。

一方、小瀧の出演を受け、山田は「プライベートでも食事に行く後輩なので、可愛いですし、生意気なところも含めて、望の良さをぜひ感じていただけたらと思っています。僕も先輩と共演した時はすごく緊張しましたが、その緊張をほぐしてあげるのが先輩の役割だと思います。先輩の背中を見て育って、また望が先輩の立場になった時に後輩に繋げてもらえたらと。このジャニーズの、何も教えないけど背中で語る、みたいなシステムを僕も出来たらなと思ってます」とコメントを寄せた。このほかのキャストのコメントは以下で紹介する。

【千葉雄大】
僕が演じる楠木は、執事見習いの新人。分からない事だらけですが、皆さんのお役に立てるよう身を粉にして努めて参ります。純朴な人間を演じるのは奥深く、これからどうなるか僕も楽しみです。山田くん演じる秀作坊っちゃまに好かれるよう、カメラが回っていない時でもお仕えしたいと思います。北沢家の隅々まで、目をパチクリさせて見ていく所存です。よろしくお願い致します。

【浅野和之】
台本を読むと皆さんがイメージする様な「いわゆる執事」という感じで、忠実で真面目そうな人物に描かれているのですが、これから話が進んでいく中で、よりコメディタッチなところにも踏み込んで芝居が出来れば面白いかなと期待しています。出演者の皆さんも(共演が)初めての方もいらっしゃるので、どういう風になるのか楽しみにしています。

【恒松祐里】
今回初めて女性警察官役を演じさせていただくということで、どんなものになるのかなとワクワクしています。私が演じる役どころは山田涼介さん演じる秀作が気になっている女性という役なので、プレッシャーがあるのですが、少しでも魅力的に見えるように頑張って演じたいと思います! 多くの先輩俳優さんが出られているドラマなので、沢山吸収していきたいです。コメディなので私自身も楽しんで演じていけたらなと思います。よろしくお願いします!

【児嶋一哉】
児嶋だよ! でお馴染み児嶋です。この度、『もみ消して冬』に出させていただく事になりとても気合いが入っております。山田くんとはバラエティで何度も共演させていただき、何度も助けられているので、このドラマでも何かあったら助けて下さい! 波瑠ちゃんとは以前ドラマで共演させていただきお世話になりましたのでこのドラマでもお世話して下さい! 兎に角みんなで頑張るので見てねー。 </span>

Let's block ads! (Why?)