1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

ドラマ撮影で骨折の亀梨和也、怪我の状態は?生放送で言及

【亀梨和也/モデルプレス=12月4日】関西テレビが3日、KAT-TUNの亀梨和也が主演ドラマ『FINAL CUT』(2018年1月スタート/毎週火曜よる9時〜)の撮影中に左手を骨折していたことを発表。同日、亀梨は日本テレビ系のスポーツ報道番組「Going Sports&News」(毎週土曜、日曜日23:55〜24:55)の生放送に出演し、怪我について言及した。

KAT-TUN亀梨和也、誕生日に初の試み 7年間の“リアルな魅力”を凝縮

番組放送前、司会の上田晋也から「左手、叩いていい?」とイジられ、満面の笑みを返していた亀梨。トップニュースを終えてから、改めて「ネットニュースでみたけど、ドラマの撮影中に怪我したの?」と聞かれると、「もちろん安全を考慮したうえでの撮影だったんですけど、自分の能力不足といいますか、ちょっとしためぐり合わせというかで骨折してしまいまして…」と説明した。

実際、亀梨の左手は腫れており、それを見た上田が「思い切った提案するけど、そのドラマの主演変わろうか?」と持ちかけると、スタジオは一気に明るい雰囲気に。上田の提案に「行けますよ!行けますよ!頑張りますんで!」と亀梨も笑顔だった。

◆すでに撮影復帰


関西テレビによると、「12月1日(金)午前11時30分頃、東京都内の公園で、アクロバチックなシーンの撮影中、亀梨氏が左手を負傷されました。撮影を中断し、病院で受診したところ、骨折と診断されました」とのこと。

「その後、病院から『激しい動きはさけ、十分安全に配慮するように』とのアドバイスを受けて、当日午後6時の撮影から復帰し、その後も予定通り撮影を行っております」と撮影にはすでに復帰。「亀梨氏の一刻も早いご快癒を願うとともに、改めて番組制作の管理指導を徹底し、視聴者の皆様にも安心して番組を見ていただけるよう、より一層の安全対策強化を目指して、再発防止に取り組む所存です」としている。(modelpress編集部)

■関西テレビ放送コメント


ドラマ収録における亀梨和也氏 けがの件

このたび、幣社の連続ドラマ「FINAL CUT」(2018年1月スタート)の撮影中、主演の亀梨和也氏(ジャニーズ事務所所属)が、けがをされました。 ご本人及び関係者の皆様に深くお詫びいたします。

12月1日(金)午前11時30分頃、東京都内の公園で、アクロバチックなシーンの撮影中、亀梨氏が左手を負傷されました。撮影を中断し、病院で受診したところ、骨折と診断されました。その後、病院から「激しい動きはさけ、十分安全に配慮するように」とのアドバイスを受けて、当日午後6時の撮影から復帰し、その後も予定通り撮影を行っております。

亀梨氏ならびに関係者の皆様には、ご迷惑をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。

亀梨氏の一刻も早いご快癒を願うとともに、改めて番組制作の管理指導を徹底し、視聴者の皆様にも安心して番組を見ていただけるよう、より一層の安全対策強化を目指して、再発防止に取り組む所存です。

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)