土屋太鳳、来年は「恋をしたい」大胆宣言

【土屋太鳳/モデルプレス=12月1日】今年活躍したクリエイターに贈られる雑誌「Pen」主催の「Pen クリエイター・アワード 2017」の授賞式が1日、都内で行われ、女優の土屋太鳳らが受賞した。

【さらに写真を見る】高橋一生・土屋太鳳、「Pen クリエイター・アワード 2017」授賞式に登場

エレガントな黒のミニドレスで登壇した土屋は、「クリエイティブである女優としても人としても大切なことだと思います。さらに心の表面積を広げて、恐れることなく攻めの姿勢で仕事も人生も作り続けていきたい」と喜びを伝えた。

また来年の抱負を聞かれると、「2018年は恋をする1年にしたい」と宣言。「本であったり場所であったり、人であったり素敵な出会いがたくさんあると思うので、素直に素敵なものに感動して、たくさんのものに刺激的に恋をして心の可動域を広げていきたい」と笑顔で語り、会場から大きな拍手を浴びた。

◆「Pen クリエイター・アワード 2017」


同賞は、アーティスト、俳優、クリエイティブ・ディレクター、デザイナーなど、さまざまなジャンルにおいて、2017年目覚ましい活躍をみせた話題の人々を讃える賞。今年が第1回目の開催となる。

土屋のほか、高橋一生(俳優)、岩崎貴宏(アーティスト)、最果タヒ(詩人)、 Suchmos(ミュージシャン)、長谷井宏紀(映画監督)、原野守弘(クリエイティブ・ディレクター)、村松亮太郎(クリエイティブ・ディレクター)、森永邦彦(ファッション・デザイナー)、ヨシダナギ(フォトグラファー)が選出された。また、「FIGARO japon」特別賞としてモデルの福士リナが受賞した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)