1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

菅田将暉、仕事への恐怖明かす<火花>

【菅田将暉/モデルプレス=11月30日】俳優の菅田将暉と桐谷健太が30日に都内で行われたW主演映画『火花』のティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶に出席した。

【さらに写真を見る】菅田将暉&桐谷健太、肩組みで熱唱!2人の絆が熱い

◆菅田将暉、仕事への怖さを実感する瞬間


お笑いコンビ・ピース又吉による同名小説を基にする本作は、漫才の世界に身を投じるも結果を出せずに燻ぶっている青年・徳永(菅田)と、そんな徳永の師匠となる先輩芸人・神谷(桐谷)が織りなす人間ドラマを描く。

観客から「仕事をするうえで感じる恐怖は?」と質問を受けた菅田は、「いっぱいありますよ。怖いなってことは」とコメント。

出演している舞台を引き合いに出しながら「生身やから、ごまかせないっていうことと、その日によって、笑いどころと、悲しさポイントみたいなのが違ったりする」と話し、「舞台もそうですし、ドラマとか映画もそうですけど、『これ伝わるかな?』っていう怖さは、ちょっとたまにあります」と本音を明かした。

◆桐谷健太、芸人の前でネタ披露


劇中で“アホンダラ”というコンビで漫才を披露している桐谷は、“漫才師として生きること”が大変だったと述懐。「クランクイン前に、(漫才を)色々な人の前で、スタッフさんの前でもやって。あと、うちらアホンダラは、渋谷の無限大ホールに行って。お客さんは帰られた後に、若手の芸人さんとかの前でやったりして」と舞台裏を明かし、「短い間やけど、ちゃんと漫才師としてウケたり滑ったりする、色々なものを経験して入りましたけどね。そういう準備が、大変というか、必要というかね」としみじみ語った。

菅田と桐谷が漫才コンビを組んだら、コンビ名をどうするのかに話が及ぶと、桐谷は「アホンパス」と即答。菅田は「なんすかそのサロンパスがアホになったみたいな(笑)」とツッコミ、会場は爆笑。桐谷は「ボケもツッコミも両方やりたい」と投げかけ、これを受けた菅田は「笑い飯さんスタイルですよね(笑)」とにこやかに話していた。

◆菅田将暉&桐谷健太「浅草キッド」熱唱


イベントでは、観客のお願いを受けた2人が、劇中歌の『浅草キッド』を熱唱する一幕も。

人前で桐谷と一緒に歌うのは初めてだという菅田は、「新鮮やった」と照れ笑いを見せ、桐谷は「レコーディングでね。一緒に向き合って歌った以来やね」と感慨深そうに語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)