1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

桐谷美玲、“人生最大の失恋”に絶叫!「何様のつもりよ~!」

桐谷美玲が、興行収入24.3億円を突破したヒット作「ヒロイン失格」(2015年)以来約2年ぶりに主演を務める、12月23日(土・祝)公開の映画「リベンジgirl」。このたび、JY(=知英)自らが作詞も手掛けた主題歌「Secret Crush 〜恋やめられない〜」の楽曲にのせた本作の最新予告映像が完成した。

【写真を見る】桐谷美玲、2年ぶりの主演映画で鈴木伸之と“ギャップ恋”に臨む/(C)2017 「リベンジgirl」製作委員会

「リベンジgirl」で桐谷が演じるのは、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝。フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指す型破りなヒロイン役を、キュートな魅力とマルチな才能を持つ桐谷が体当たりで挑む。

“東大”“ミスコングランプリ”“読者モデルで初めて3年連続表紙を飾る”ミス・パーフェクトな美輝が、政治家一家の息子・裕雅(清原翔)にこっぴどくフラレ、人生最大の失恋に、髪も服もボロボロの姿で「何様のつもりよ〜!」と絶叫。

それでも誰よりも高いプライドを持つ美輝は「もう一度あいつを振り向かせて、ゴミのように捨ててやる!」と女性初の総理大臣を目指し、政治塾スタッフの俊也(鈴木伸之)と共に選挙活動に乗り出す。

本予告にて初解禁となる雨の中のティッシュ配りや街頭演説の政治活動シーンにも注目が集まる。

JYの歌う主題歌「Secret Crush」の意味は“ひそかに思いを寄せること”。「どうして恋やめちゃうの?」「あきらめちゃうの?」「自分の気持ち信じなきゃ」という歌詞のように、傷つきながらも真っすぐに信じた道を突き進む美輝のリベンジは無事成功するのか?

この予告を見れば、“複雑だけど前向き”、“繊細だけどパワフル”そんな女性の強さと魅力を持つ美輝に、思わず全国民が元気をもらえそうだ。

そしてラストにはどこまでも強気な美輝が「どうしよう、誘われた!?」と顔を赤らめ動揺する姿も。どこか憎めないキュートな美輝の新しい恋の予感に期待は高まるばかりだ。

さらに、強い意志を感じられる美輝のまなざしと、厳しくも優しく美輝に寄り添う俊也が印象的な本ポスターも公開された。

「運命の出会いが、二人を変えたー。」というキャッチコピーとともに2人の“これから”を予感させるキラキラとしたクリスマス時期にぴったりなビジュアルとなっている。

桐谷にとって約2年ぶりの映画主演作となる本映画。この映画に対しては、ひそかに思いを寄せていないで、堂々と劇場に足を運んでみては?(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)