中村優一、芸能活動休止に追い込まれた若手俳優役に「不思議な親近感」

俳優の中村優一が、BSジャパンにて2018年1月クールに放送される新ドラマ『最後の晩ごはん』(毎週金曜23:30〜)で主演を務めることがわかった。

原作シリーズが60万部を突破した、椹野道流(ふしのみちる)著「最後の晩ごはんシリーズ」を実写ドラマ化した本作。ねつ造スキャンダルで芸能活動休止に追い込まれた若手俳優の五十嵐海里(中村)は郷里の芦屋に戻り、定食屋の主人・夏神留二(杉浦太陽)に救われる。俳優業を離れ夏神の店「ばんめし屋」で働くことになった海里だったが、その店にやってくるのはなんと幽霊の客で……。

中村は、まず原作を読んだ感想を「内容が面白い!」と絶賛。また、演じる役柄について「彼の境遇や経験にはいままでの僕の役者人生との共通項がたくさんあって、不思議な親近感を感じています」と明かし、料理ドラマということで「僕自身料理にも挑戦していきたいと思っているので、是非皆さんにご覧いただけたらと思っています!」と意気込んだ。

この他、夏神留二役の杉浦と、“メガネの付喪神”・ロイド役の篠田三郎からもコメントが寄せられた。

<杉浦太陽>
このドラマの一番の見どころは、夏神と海里の心が通じていく過程だと思います。今回演じさせていただく夏神は過去にトラウマを抱えている人物ですが、彼に一体どんな過去があったのか、想像しながら見てもらえたら嬉しいです。原作の人物像を意識して、僕自身も筋トレし、パンプアップし……もちろん昔からの得意の料理も武器にして、夏神本人として演じていきたいと思っています。お腹のすくドラマですが、海里とロイドと夏神とで繰り広げられるコメディありシリアスありのこのドラマ、ぜひ楽しみにしていてください!

<篠田三郎>
今回自分の役どころは、現世に生きていない「メガネ」に魂が入ったという特殊な役なので、表現方法などいろいろと工夫できるところを自分自身楽しみながら演じていきたいと思っています。スタッフの方達も若い方が多いので、楽しい作品になると思っています。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.