5回東京競馬7日目(11月25日・土曜日)予想・橋本 千春

★ルメール騎手なら鬼に金棒。2歳王者のサトノアレスが勝つ★
東京11R「キャピタルS」芝1600?
◎2サトノアレス
○15ロードクエスト
▲8トウショウドラフタ
△4ダイワキャグニー、12マイネルハニー
 本命には2歳王者のサトノアレスを推す。その根拠は、破竹の3連勝で朝日杯FSを制した確固たる実績と、実力の裏付けがあるからだ。確かに、近走は不本意な結果に終わっているが、函館記念(6着)、富士S(6着)とも敗因は明らか。不得手の道悪馬場に殺され、力を出し切れずに敗れているのだ。度外視して大丈夫。着差も0秒4、0秒9なら巻き返しは十分可能だろう。特に、富士Sは5着のペルシアンナイトが先週のマイルチャンピオンSを優勝、3歳世代のレベルの高さを証明したことも追い風になっている。幸い、今回は道悪馬場の心配がなくなり、鞍上もルメール騎手なら、起死回生の一発が期待できる。状態も休み明けを1度使って、上積みは大きい。

東京10R「銀嶺S」ダ1400?
★ハンデ頭の実力馬、レッドゲルニカの底力を素直に信頼して大丈夫★
◎14レッドゲルニカ
○8エイシンビジョン
▲5カネトシビバーチェ
△4プリサイスエース、11ショウナンカサロ
 実力馬のレッドゲルニカが前走のリベンジ。そのテレビ静岡賞12着は出遅れが全て。後方からの競馬を余儀なくされたのは初めてのこと。おまけに、脚抜きの良い湿った馬場で、時計が速くなったのも響いた。敗因は明らかで、決して悲観することはない。もともと、昨年の5回中山開催・フェアウェルSで現級勝ちしている格上の存在でもある。スタートさえ決まれば、チャンスは大きい。トップハンデ58?も2走前の夏至S(ハナ差2着)で克服済み。

京都11R「京都2歳S」芝2000?
★馬場も展開も問わない大物、タイムフライヤーのV3が濃厚★
◎2タイムフライヤー
○3マイハートビート
▲6グレイル
△7シスターフラッグ、8スラッシュメタル
 3戦2勝、2着1回。――完成度の高さはメンバー屈指のタイムフライヤー。唯一、2着と後塵を拝した新馬戦の勝ち馬は、直後に札幌2歳Sを優勝するロックディスタウン。その馬と0秒1差の接戦を演じているのだから、価値が高い。レースセンスも一流。テン良し、中良し、終い良しと三拍子が揃っており、1ハロン延長も全く心配無用。破竹の3連勝で栄冠を手にする。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.