全米熱狂! BTS(防弾少年団)が『アメリカン・ミュージック・アワード』で白熱のパフォーマンス

【詳細】他の写真はこちら

BTS(防弾少年団)が、11月19日(現地時間)、米・ロサンゼルスのMicrosoft Theaterで行われた『アメリカン・ミュージック・アワード』(以下、AMAs)に出演を果たした。韓国のグループが、同アワードに招待されるのは彼らが初。

AMAsでは、ダイアナ・ロス、セレーナ・ゴメス、ZEDDなどの大スターたちと競演。今年9月に全世界同時発売し、ビルボード200’で7位獲得&77の国と地域のiTunesで1位を獲得した最新アルバム『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』 のリード曲で、ビルボードの“Hot 100”で67位にランクインした「DNA」を披露した。

ザ・チェインスモーカーズが「インターナショナルスーパースターと呼ぶに足りない」と紹介し、彼らのパフォーマンスがスタートすると、会場はその日いちばんの歓声に包まれ、スタンディングオベーションが巻き起こった。そしてパフォーマンス中には、来場していたアメリカのセレブリティたちがノリノリに踊り出すほど、会場はBTS一色に。

パフォーマンスを終えたBTSは「5月の『2017 ビルボード・ミュージック・アワード』に続き『アメリカン・ミュージック・アワード』に出演できるとは想像もしていなかったですが、パフォーマンスまですることができて、夢のようです。アメリカの授賞式で韓国語の音楽を披露することを、とても光栄に思っています。全世界のファンたち、また多くの新しい人たちに私たちのステージを観せることができて、非常に意義深かったです。たくさんの人たちが一緒に歌をうたいながら応援してくれて、ステージの上で本当に幸せだったし、最善を尽くして準備したパフォーマンスを終え、気分が良いです」と感想を述べた。

また、AMAs開始前のレッドカーペットでも、ABCを筆頭に、Entertainment Tonight、E!などの主要なTVと、『Forbes』『People』『Variety』など複数のメディアとのインタビューが進行するなど、現地のメディアも大注目。現場の熱気を表すように、授賞式の放送直後、米国のGoogleトレンド検索順位に防弾少年団が登場、2位とは2倍以上の差を見せ、少なくとも100万人の検索に基づいて検索順位1位に上がった。これはBTSがAMAs舞台で、その場の観客だけでなく、米国の視聴者を捕らえたという証拠だ。

AMAsでの歴史的なパフォーマンスを成功させたBTSは、米滞在中には人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』『エレンの部屋』『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』の収録も実施。その人気はとどまるところを知らない。今回のAMAs出演により、さらに米国をはじめとする世界中で話題の存在になることは間違いなさそうだ。

もちろん、BTSの人気はここ日本でもすさまじく、12月6日にリリースするシングル「MIC Drop/DNA/Crystal Snow」の予約が30万枚を突破。シングルには、大ヒットアルバム『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』から「MIC Drop」「DNA」のJapanese ver.と、日本独自企画で制作されたクリスマスソング「Crystal Snow」が収録される。

さらに、12月27日には、2017年2月から行われていたワールドツアー『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR』の日本公演の模様を収めたLIVE DVD&Blu-rayの発売も決定している。

リリース情報

2017.12.06 ON SALE

SINGLE「MIC Drop/DNA/Crystal Snow」

2017.12.27 ON SALE

DVD&Blu-ray『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR 〜JAPAN EDITION〜』

BTS(防弾少年団)OFFICIAL WEBSITE

https://bts-official.jp/

全米熱狂! BTS(防弾少年団)が『アメリカン・ミュージック・アワード』で白熱のパフォーマンス

全米熱狂! BTS(防弾少年団)が『アメリカン・ミュージック・アワード』で白熱のパフォーマンス

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.