新井浩文、山崎賢人に「愛嬌がある。かわいい」とベタ惚れ

山崎賢人がコメディに初挑戦して話題をさらった映画「斉木楠雄のΨ難」(公開中)の封切から約1か月。大ヒット御礼挨拶が11月18日に行われ、斉木楠雄を演じた山崎と“ケツアゴ”がトレードマークのクラスメート・燃堂力を演じた新井浩文が登場した。

【写真を見る】男も惚れる男・山崎賢人/(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

山崎は、公開後の反響について「結構メールをいただいています…あれ、あんまりないかも。本当はあんまりないですね」と天然コメントを炸裂。新井も「Twitterではあるけれど、友達からはありません。大体友達からは来ないよね?」とビミョーな雰囲気に…。気を取り直してのファンからの質問コーナーでは、「お互いの好きなところ」を告白することに。新井から山崎へは、「愛嬌がある。先輩からみてもかわいい。うちは女好きだけど、それにしても山崎くんはかわいい」とニヤリ。一方、山崎も「嬉しいですね」と応え、「新井さんは現場でもフラットに接してくれて、大先輩だけど嬉しい。それが嬉しかった」と相思相愛ぶりを見せつけた。

「撮影で大変だったこと」の質問には、まず新井が「髪型」と回答。“地毛でやらないと面白くないから”と自ら希望しての地毛モヒカンだったが、「地毛だったので、撮影が終わっても半年くらい何もできなかった」と、当時を振り返った。山崎は「頑張ったところ…?」とフリーズして笑いを誘いつつ「ワイヤーで空中に浮くシーンは初めて吊られたので、ハーネスの食い込みがすごくて驚いた」と率直に応じていた。

また、この日は原作者・麻生周一氏から2人への感謝の手紙が読み上げられるサプライズも。山崎へのメッセージは「主演としてモノローグだらけの難しい役をやりとげていただき、ありがとうございました。スンとした表情や佇まい、物凄く斉木楠雄でした! ただ撮影現場などで何度かお会いして、斉木にしとくのが勿体ないくらいの面白ポテンシャルを感じました。いつか笑いをこらえる方ではなく笑わせる役柄もやって欲しいなと思っています」というもの。山崎は、「面白いものを描かれている麻生さんに褒めてもらって、笑わせる役をやってほしいと言われて嬉しい。やってみたいと思った」と意気込んだ。新井は「実写化なんて無理だろと思っていた燃堂を完全再現していただき、ありがとうございました。撮影現場でお会いした時はもう、そのもの過ぎて軽く恐怖すら覚えました」というメッセージを受け取り、「まぁ、仕事ですから…」と言いつつ喜びを隠し切れない様子だった。

盛り上がった舞台挨拶の最後は、山崎からの「自分にとって転機になった作品。観てもらって笑って幸せになるのが一番。これからも『斉木楠雄のΨ難』を広げていってほしい」の笑顔とメッセージで締めくくられた。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.