ストレスで内臓にダメージを受けていた円楽師匠…

 昨年、不倫疑惑を報じられた女性との関係が切れていなかったことが、発覚したばかりの落語家の三遊亭円楽が、発売中の「フライデー」(講談社)で、内臓を壊し、来年5月に手術する予定であることを明かしている。

 円楽は昨年6月、20歳年下女性とラブホテルに入ったとして不倫疑惑を報じられ、釈明会見を行っていた。発売中の「フラッシュ」(光文社)で、今月上旬、その女性と自身が主催するゴルフコンペでゴルフを楽しんでいたことを報じられた。同誌の直撃に対し、円楽は「俺のなかに、性欲じゃない、仲間意識というものがある」などと男女の関係は否定していた。

 「フライデー」は渦中の円楽を直撃。すると、ゴルフコンペに20人ぐらい参加していたが、「まるで2人きりみたいに(写真を)切り取られちゃった」と説明。その際、夫人から円楽の携帯に着信があったが、夫人は「今回の騒動も全然問題ありません」と夫の説明を裏付けたという。

 円楽は報道の過熱ぶりについて、「俺はもうギブアップだわ。正直、トラウマになってるんだよね」と本音。自宅の玄関を出ると記者がいるのでは、と考えるようになってしまい、ストレスによって内臓にダメージを受けたのが、今年8月の定期健診で発覚。来年5月ぐらいに手術する予定であることを明かしたという。

「出演していた『笑点』の降板疑惑がささやかれたり、共演者から同番組であれこれイジられ、笑顔を見せていたものの、どんどんストレスが溜まってしまったのでは。夫人が信用して、今では、かばってくれているのがせめてもの救いなのでは」(芸能記者)

 円楽は同誌記者のリクエストに対し、絶妙な謎掛けを披露したというが、いずれにせよ体調が心配される。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.