1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

【「覆面系ノイズ」連載】小関裕太『ちょっと、バンドメンバーに混ざってみたかった(笑)』

人気少女漫画を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎監督が映画化する「覆面系ノイズ」が、11月25日(土)より公開となる。キャスト陣によるリレーインタビューの第3回に登場するのは、ヒロイン・ニノの初恋の相手、モモを演じた小関裕太。思いを伝えようとするニノを拒絶するミステリアス男子を、どのように演じたのか?「音楽が大好き」という役柄ともリンクするプライベートまでを語ってもらった。

【写真を見る】小関裕太の青春エピソードから多趣味ぶりが判明!/撮影=大石隼土

■ 天才の雰囲気を出すこと。それが自らに課したテーマ

――不器用な登場人物たちが、音楽を通して想いを伝えようとする姿を描く青春物語です。演じられたモモもとてもミステリアスで不器用な男性でしたが、脚本を読んだ感想はいかがでしたか?

ニノ、ユズ、モモの三角関係が見ていてとてももどかしく、くすぐったくなりました。とても魅力的でミステリアスな3人が音楽を通じて、心がつながり、時にはぶつかり、すれ違い、原作も脚本もワクワクしながら読んでいました。心を閉ざしたモモに、人はひきつけられるのではないかなと思います。僕も彼にひきつけられた人のうちの1人です。

■ 高校生当時の僕ではできない役だった

――ベースにも初挑戦しています。モモを演じる上で大事にしたのはどんなことですか?

ベースは死ぬ思いをしながら練習をしていました(笑)。またモモは、高校生でありながら天才プロデューサーとしての顔も持っています。もう一つ自分に課したテーマとして、佇まいからも“天才の雰囲気を出す”というのがあって。周りにミュージシャンの友だちや先輩も多いので、そういう方々から話を聞いたり、“音楽の匂い”を吸収させてもらったりしました。

――モモは天才でもあるし、登場人物の中でもとりわけ大人びた雰囲気もありますね。

僕は今22歳ですが、そこの部分でいうと実年齢がいい方向に作用したと思います。僕が実際に高校生だったときを振り返ってみると、モモよりももっと幼かったと思います。高校生当時の僕ではできない役だったと思うので、今このタイミングでモモという役と出会えてとてもうれしいです。でもちょっと、バンドメンバーに混ざってみたかったです(笑)。

■ メロディーからも片思いの切なさが感じられる

――お気に入りのシーンを教えてください。

ストーリーと音楽が交わる瞬間が、すごく好きです。まず、劇中のバンド・イノハリ(in NO hurry to shout;)のメンバーがスタジオでそろって演奏するところを、プロデューサーが見ているシーン。曲の中でメンバーの気持ちがどんどん盛り上がっていくのを、観客の方も見て取れるシーンだと思います。そして、モモが生中継で音楽番組が流れているのを見ているシーン。メロディーからも片思いの切なさが感じられて、グッときました。感動しましたね。

――志尊(淳)さん演じるユズとのセッションシーンも、大きな見どころです。

そうですね! 見ていただいた方に“セッションシーンが印象に残った”と言っていただけることも多いです。志尊くんはギター、僕はベースと、お互いに初めて触る楽器に挑戦していました。そんな中、その場で生まれたメロディーとして、いかにセッション感を出すかにこだわりました。緊張しながらも、志尊くんと“生っぽさ”を大事に演じたのを覚えています。

――青春のみずみずしさが詰まった映画となりました。小関さんにとって、「このとき、青春してた!」と感じる思い出はありますか?

今回のように、作品の中で“青春ってこういうものなんだ”と感じることが多いです。高校時代は、趣味に没頭する時間が多かったと思います。ダンスが好きで、ジャズダンス、バレエ、タップ、ブレイクダンスをやってみたり。音楽も大好きなので、ギター、ピアノ、ハーモニカ、サックスや、三線にチャレンジしたこともあります。食パンの食べ比べや、漬物をつけるなんていう趣味もあったり。

――すごい多趣味ですね!

最近は、役作りに励んでいるうちに趣味になることも多いです。木刀を毎日振ってみたり、足袋を履く生活をしてみたり…。趣味が自分を形成しているものだと思いますし、仕事にも活かせるので、色々なことにチャレンジしています。

Let's block ads! (Why?)