1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

田中直樹「プリズンホテル」裏話を語る!『本物のホテルスタッフに間違われました』

BSジャパンで放送中の「連続ドラマJ 浅田次郎『プリズンホテル』」(毎週土曜夜9:00-9:54)。原作は浅田次郎の同名小説で、田中直樹がオーナーも従業員も極道だらけの“任侠団体御用達ホテル”を任された、カタギの支配人・花沢一馬を演じる。今回、主演を務める田中にインタビューを敢行。今後の見どころや撮影裏話などを語ってもらった。

【写真を見る】休憩中は柄本明に「志村けんさんとのコント番組について質問攻めをする」と話す/(C)浅田次郎/集英社・BSジャパン

――BSジャパンの新ドラマ枠ということで、オファーを受けた際プレッシャーなどは感じましたか?

あまりプレッシャーは感じなかったかもしれないです。今回BSジャパンで、ゴールデンタイムでの連続ドラマは初めてだということで、緊張はしています。大事な一発目に自分を出していただくことになって、大丈夫かなって不安はあるんですけど。ゴールデンであろうが深夜や昼間であろうが、お芝居することに差はないので。それで臨み方が変わることはないので、いつも通りで現場に入れたらいいなと思っています。

――原作ファンもかなり多い作品だと思います。

実際に本を読んだことがあるんですが、読み終わってしまうと、もっと(ストーリーの続きを)読みたいなって思いました。登場人物みんな癖があって、ぐっと物語に引き込まれるので原作の力はすごいなって思います。

――オファー受けた際、「ヤクザ側かな?」と思ったりしませんでしたか?

最初思いました! やっぱり「プリズンホテル」ってそういうお話なので。でも支配人役と聞いて「ま、そりゃそうか」って(笑)。そっちのイメージは全くないのでね。

――ドラマ中盤を撮影中ということですが、ここまで花沢を演じていかがですか?

当たり前のことですが、花沢は支配人として、どんな人がお客さまであろうと、「精いっぱいおもてなしをしましょう」っていうプロ意識が本当にすごいんです。そこは、花沢という人柄をよく現しているなと思います。

――演じる上で意識した点はありますか?

特にないです。明確な花沢像があるので、実直に演じていけば、任侠の世界の人との差がつくのかなって。任侠とのずれが、演技の中でうまく生まれていけばいいのかなと。

――ホテルのオーナーであり、ヤクザの親分を演じる柄本明さんの印象を教えてください。

柄本さんは、この場面でこんな動きをされるんだ、こんな言い方をされるんだというのが、すごく勉強になります。3年ほど前に1日だけ(別の作品で)ご一緒したんですけど、しっかり絡むのは今回が初めてです。

でも奥様や息子さんたちとご一緒させていただいていたので、なんやかんや柄本家にはお世話になっています。いつもたわいのない話をしてくださいます。僕が、志村けんさんと柄本さんのコント番組の大ファンなので、それについていろいろ質問攻めしています。

――撮影現場のエピソードがあれば教えてください。

実際に千葉の館山の営業中のホテルを利用させてもらっているので、従業員の方やお客さまなどたくさんの人にご協力いただいております。フロントでの撮影中に、実際にお客さんが来られて、支配人の格好をしていたので本物の(ホテルの)スタッフに普通に間違われましたね(笑)。

――ドラマにちなんで、実際に田中さん自身がホテルの支配人やオーナーとなるなら、どのようなホテルでしょうか?

僕、生き物が好きなので、生き物好きが集まるような、“サメの間”“クジラの間”“イボイノシシの間”とか…。動物にちなんだお部屋があるホテルでしょうか。プリズンホテルは刀やかぶとがいろんなところに装飾されているので、任侠とは正反対で生き物好きが喜ぶような、ほんわかしたホテルにしたいです。イボイノシシが、廊下を走り回っているのもいいですね(笑)。

――終盤に向け、注目ポイント交えて見どころをお願いします。

いろんな訳ありの人が来て、チェックインする時よりチェックアウトした時の方が、いい顔して帰っていくのがドラマ全体の魅力です。花沢は、最初(ホテルに)連れてこられてどうしたらいいのか分からず、仕事を辞めたくて仕方なかった支配人が、回を重ねていくごとに、あじさいホテルの支配人の顔になっていきます。このホテルの支配人とは、どのような支配人であればいいのかという在り方を花沢なりに考えていて、その変化の様子が見られていくのではと思います。

Let's block ads! (Why?)