1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

藤原紀香、年の差彼・鈴木伸之と結婚後初濡れ場『眠れぬ真珠』

藤原紀香が、12月21日(木)、28日(木)に2週連続で放送される木曜ドラマF クリスマス・スペシャル『眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜』(読売テレビ・日本テレビ系)の主演を務めることが発表された。昨年3月に結婚した藤原は、結婚後民放ドラマ初主演。藤原の相手役を務めるのは、鈴木伸之(劇団EXILE)で、今回2人はドラマ初共演となる。

同ドラマは石田衣良による大人の恋愛小説『眠れぬ真珠』(新潮文庫刊)が原作。更年期障害に悩む45歳の独身女性と17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーになっている。木曜ドラマFでは毎回“F”から始まるキーワードで作品のイメージを表現しているが、今回のキーワードは「FINAL LOVE」。同枠で2週連続の作品を放送するのは初の試みとなる。

藤原が演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家の内田咲世子役。光を外側に放つダイヤモンドの女とは対照的な光を内側に引き込むタイプの真珠の女。咲世子は、芯が強く芸術に対して真っ直ぐ。年上の画商と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、年下への想いに葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。鈴木が演じる素樹は海辺の町のカフェに務めるウェイター。ドキュメンタリーの映像作家だった素樹は商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたのだ。素樹はカフェの常連の咲世子に興味を持ち、咲世子を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で、咲世子に強く惹かれていく……。

脇を固める共演者たちも決定。升毅が演じるのはギャラリーマチエに出入りする画商の三宅卓治役。結婚しているが、咲世子以外にもキュレーターの福崎亜由美(水沢エレナ)という若い女性とも付き合っている。亜由美は、狂気の愛情から三宅の妻や咲世子にストーカー行為をするようになる。佐野ひなこは素樹の幼馴染みで元恋人の若手新進女優の椎名ノア役、朝加真由美はギャラリーマチエのオーナーで、咲世子を妹のようにかわいがる中原町枝役を演じる。脚本家はラブストーリーもサスペンスも得意とする川?いづみが担当。監督は国本雅広が務める。

前編では、咲世子が素樹と出会い、純粋な少女に戻って恋に落ちていく姿を描き、亜由美が徐々にストーカー化していくサスペンス要素も見どころ。後編では、亜由美のストーカー化が本格化し、咲世子に執拗な嫌がらせをしていく。そして、咲世子は「素樹を返してほしい」とノアから迫られ、咲世子と素樹の恋の行方がどうなっていくかが最大の見せ場になっている。今作には2つのタイプの濡れ場があり、不倫の三宅とは欲望のおもくまま、純愛の素樹とは美しく、咲世子と男性たちの関係が描かれ、藤原は結婚後初めて濡れ場に挑む事になる。数々の恋愛ドラマに出演した藤原と注目の若手俳優の鈴木がどんな化学反応を起こし、年の差が離れた男女の純愛ストーリーを紡ぐのかに注目が集まる。

クランクインを前に、藤原は今回の出演について「本格的なラブストーリー、そしてワクワクする素敵な脚本でした。45歳の咲世子は同年代で等身大であること、そして、年下の男性が思い焦がれるような魅力ある女性を演じられるのはとても楽しみです。ひたむきに咲世子という役に向かい合い、演じきりたいと思います」と意気込んだ。

年の差恋愛について「40代で多くの方が経験すると言われている更年期障害に苦しむ咲世子ですが、17歳下の素樹と出会い、次第に惹かれていく気持ちに共感できる女性は多いのではないでしょうか。自身としては、恋することに対しては歳上も歳下も関係ないという考えを持っていますが、その恋心とは裏腹に、将来のことや世間的な事などのいろんな側面の問題を考えると、恋する気持ちにブレーキをかけてしまう憂いや、それでも 彼の健気さや真っ直ぐさに惹かれていってしまうことはとても共感できます」とコメント。

Let's block ads! (Why?)