1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

池上彰氏、アントニオ猪木に直撃「なぜ、いま北朝鮮に行くのか」

 フリーキャスターの滝川クリステルがメインMCを務めるMBS・TBS系『教えてもらう前と後』(毎週火曜 後8:00)。講師としてジャーナリストの池上彰氏が出演した初回(10月17日)12.2%、同じく第2回(11月7日)10.3%と、好スタートを切った(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。14日の第3回では、池上氏と元プロレスラーで参議院議員のアントニオ猪木氏の対談が実現。北朝鮮に行く理由と直撃する。

【写真】青マフラーでDeNA選手に闘魂注入する猪木氏

 番組は、「教えてもらった前と後では見る目が変わります」を合言葉に、毎回さまざまな分野の特別講師が登場し、独自の視点で選んだ“決定的瞬間”を解説する知的教養エンターテインメント。

 第3回のテーマは「緊急企画・いま北朝鮮があぶない」。北朝鮮との緊張が高まる中、先週、米国のトランプ大統領が来日。日本と米国は、北朝鮮に対する圧力を最大限にまで高めることで一致した。そんな緊迫した情勢の中、今年9月に32回目の訪朝を遂げた猪木氏。「なぜ、いま、北朝鮮に行くのか?」と鋭く斬り込む池上氏に、猪木氏は何と答えるのか?

 猪木氏と北朝鮮の関係がスタートしたのは20数年前にさかのぼる。番組では、猪木氏の訪朝シーンとともに、街や人々の様子も伝えながら猪木流の外交を“教えてもらう”。

 ほかに、コリアレポート編集長の辺真一氏を招き、北朝鮮に関するあらゆるニュースの裏側を解説。フリーアナウンサーの伊藤綾子が韓国と北朝鮮の軍事境界線を現地からレポートする。ゲストとして、佐野ひなこ、田中美佐子、ヒロミが出演する。 </span>

Let's block ads! (Why?)